2021年 5月 13日 (木)

日本の女性政治家なぜ「ダサい」? メイ英新首相のようにオシャレになれないワケ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   英国の新首相、テリーザ・メイ氏(59)をめぐっては、その政治手腕だけでなくファッションにも注目が集まっている。有名ブランドのアイテムを上手に着こなし、ヒョウ柄のパンプスに真っ赤なネイルがトレードマークだ。

   そんな「英国オシャレ番長」からの刺激を受け、インターネット上では日本の女性政治家のファッションの「ダサさ」が話題になっている。

  • 鮮やかなブルーのコートもさらっと着こなすメイ首相(写真:ロイター/アフロ)
    鮮やかなブルーのコートもさらっと着こなすメイ首相(写真:ロイター/アフロ)
  • 蓮舫氏(左)は白、福島瑞穂氏(右)はピンクのスーツが定番だ
    蓮舫氏(左)は白、福島瑞穂氏(右)はピンクのスーツが定番だ
  • 鮮やかなブルーのコートもさらっと着こなすメイ首相(写真:ロイター/アフロ)
  • 蓮舫氏(左)は白、福島瑞穂氏(右)はピンクのスーツが定番だ

定番は派手な原色スーツに大きな肩パッド

   「政治家なのにとんがったセンスですてき」「知性的な大人の女性の颯爽さ!」「国会で着ていたワイン色のカシュクールも素敵」――。いずれも日本のツイッター上に投稿されたメイ氏評だ。

   政治家としてのキャリアを長年積み重ねてきたメイ氏は、一方で「政界のファッションリーダー」としても知られる。ヒョウ柄のパンプスやブルーのコートなど、派手なアイテムを取り入れながらも気品を感じさせるコーディネートは、上級者こそなせるワザ。手元の赤いネイルも目を引く。

   そんな彼女が2016年7月13日に英新首相に就任したとあり、日本人は驚きを隠せないようだ。というのもツイッター上では、メイ氏に言及すると同時に、こんな指摘が相次いでいるのだ。

「日本の女性政治家は肩パッド入りカラフルなスーツ、カーラーで巻いたっぽい髪、こってりマットなメイクで一体何十年前に置き去りなの?って人が多い」
「日本の女性政治家って総じて『なんでこんなセンスないのさ...』って愕然とする時ある」

   確かに、日本の女性議員を思い浮かべてみると「ファッショナブル」というイメージとは程遠く、どこか「時代遅れ」なイメージがつきもの。

   その特徴の1つが「派手な原色スーツ」だろう。たとえば、民進党の蓮舫代表代行(48)は白、自民党の松島みどり元法相(59)や丸川珠代環境相(45)は赤、社民党の福島瑞穂副党首(60)はピンクのスーツを着ていることが多い。東京都知事選(7月31日投開票)に出馬した自民党の小池百合子氏(63)は「うぐいす色」だ。数人集まれば、さながら「戦隊モノ」である。そこにもう1つの特徴である、やたらと分厚い「肩パッド」がプラスされることもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中