小池百合子氏のコミケ応援宣言が波紋 本当に「漫画表現」は守られるのか

印刷

   2016年7月31日投開票の東京都知事選に立候補している元防衛相の小池百合子氏(64)がコスプレ姿の画像をツイッターに投稿し、自身が当選すれば、都としてコミックマーケットを応援することを約束した。

   一方で、小池氏側は否定しているものの、ネット上では、小池氏の過去の行動から、実は漫画などへの「表現規制」も進めるのではないかとして、論議が起きているのだ。

   「私は東京を文化の発信地にしていきます」。小池氏は7月17日のツイートでこう宣言して、話題になっている画像をアップした。

  • コスプレ姿の画像も投稿
    コスプレ姿の画像も投稿

小池氏の発言は、1万件ほどもリツイートされる

   その画像では、小池氏は、金髪のカツラを被って、テレビアニメのヒロイン「魔法使いサリー」のコスプレをしている。これは、15年10月31日にあった「池袋ハロウィンコスプレフェス」のイベントで披露したものだった。

   ツイートではさらに、「コミケ開催地も出版社もその多くが東京にあるのです。東京都が総力を挙げて、コミケを応援します!」とも書き込んだ。

   この日は、JR秋葉原駅前で街頭演説をしており、それにちなんで投稿したものらしい。

   ユーチューブなどに投稿されている演説動画を見ると、小池氏は、アニメを成長産業と位置付け、ここでも「コミケをしっかりと支援していく」と訴えた。そして、トキワ荘があった豊島区などアニメの原点が東京にあるとして、日本のキラーコンテンツとして海外に広めたいと抱負を語った。16年は、別のテレビアニメ「リボンの騎士」に扮しようかと言いながらも、自らを「魔法使いユリー」と名乗り、「この秋葉原を中心に東京全体がアニメランドに」なるように尽力したいと支持を求めていた。

   こうした小池氏の発言は、ネット上で反響を集め、前出のツイートは1万件ほどもリツイートされている。

   アニメなどに興味を持つ外国人が多いとして、「コレはいい」と歓迎する向きもあった。

   しかし、ネット上で論議になったのは、小池氏が漫画などに対する「表現規制推進派」ではないかというものだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中