2019年 11月 22日 (金)

「女装してても中身がタカ派の男性」 福島瑞穂氏の小池百合子氏評が物議【都知事選2016】

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   社民党の福島瑞穂副党首(60)が東京都知事選(2016年7月31日投開票)の応援演説で口にした内容が物議を呼んでいる。

   社民党はジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)を推薦しており、元防衛相の小池百合子氏(64)や元総務相の増田寛也氏(64)を批判する立場だ。福島氏は両者を批判する中で、小池氏を「外は女装してても中身がタカ派の男性」などと表現した。小池氏は1998年に子宮筋腫が原因で子宮を全摘出している。過去には漫画家の小林よしのり氏が安倍内閣の女性閣僚を「準男性」と呼んで批判を浴びたことがある。今回も同様の指摘が出そうだ。

  • 福島みずほ氏、小池氏を「外は女装してても中身がタカ派の男性」と揶揄(2016年4月撮影)
    福島みずほ氏、小池氏を「外は女装してても中身がタカ派の男性」と揶揄(2016年4月撮影)

「女性なら誰でもいいとは思いません」

   福島氏の発言は、7月22日に高円寺駅前で開かれた「応援イベント」の中で出た。鳥越氏本人は来場しなかったが、鳥越氏を応援する国会議員が集まって、鳥越氏への投票を呼びかけた。福島氏は演説の中で

「憲法改悪しようとしている安倍総理と一緒にやる増田さん、小池さんには東京都政を 任せる訳にはいかないと思いますが、皆さんどうでしょうか?」

などと増田・小池両氏を批判。聴衆から「そうだー!」と声があがると、福島氏は、その直後にこう続けた。

「そして私は女性ですが、女性なら誰でもいいとは思いません。外は女装してても中身がタカ派の男性だったら意味がないじゃないですか!皆さんどうですかー?私はタフでなければ生きていけない、でも優しくなければ政治をやる資格はない、そう思っています。優しくない女性に東京都政を任せる訳にはいきません!皆さんどうでしょうかー?」

   「外は女装してても......」の発言が小池氏を指しているのは明らかだ。また、聞き方によっては、性的少数者(LGBT)の支援活動をしてきた福島氏の活動との落差も際立つ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中