2019年 1月 22日 (火)

ポケモンGOの「免責事項」はワナなのか 東洋経済の指摘が「大ブーメラン」に

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   ニュースサイト「東洋経済オンライン」の「ポケモンGO」に関する記事に、ネットで「ツッコミ」が相次いでいる。

   利用規約に記された免責事項を「アメリカ流の、周到に責任を回避する姿勢が垣間見える」と分析した記事だったが、東洋経済のサイト内にも同じような免責事項があったため、「おもろいブーメラン」だと、すぐさま揶揄されてしまった。

  • さすがにここは突けない?(画像はポケモンGOの利用規約より)
    さすがにここは突けない?(画像はポケモンGOの利用規約より)

「当たり前のことをワナと言われても」

   すでにさまざまな切り口で報じられているポケモンGOだが、同サイトは「『ポケモンGO』利用規約に仕組まれた『ワナ』 用意周到に『責任回避』が準備されている!」(2016年7月25日公開)と題した記事で、利用規約に着目した。

   「安全なプレイ」と銘打たれた項の「本サービスの利用中にお客様が被る可能性のある損害に関してお客様が合理的に必要であると考える健康保険、損害賠償保険、災害保険、人身傷害保険、医療保険、生命保険及びその他の保険契約をお客様の責任において維持することに同意するものとします」という記載を引用し、「ここまでして(開発元の)ナイアンティック社には責任がないということが強調されている」「ゲームを始める前に読んでいる人は、果たしてどれだけいるだろうか」とプレイヤーに注意を促した。

   後段では、こちらも利用規約から紛争解決の準拠法が日本の法律でなく「カリフォルニア州法」になっていると指摘し、アメリカの法制度に言及。最後は「『契約社会』アメリカ流の、周到に責任を回避する姿勢が垣間見える。これが有効かどうかはともかく、日本人がいざという時に販売元に何らかの責任追及をしようとしても、簡単ではない」と締めた。

   こうした東洋経済の指摘に対して ツイッター上では、

「当たり前のことをワナと言われても」
「自社が責任を取る事を避けるのは存続の為当然」
「プレイヤーに対してこの条項は当たり前」

といった指摘が並んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中