2021年 3月 5日 (金)

TOKIO山口の離婚会見「かっこよすぎる」 「質問全部OK」で守りたかったこと

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   人気グループ「TOKIO」の山口達也さん(44)の行った離婚会見は、まさに「異例づくし」だった。

   離婚については2016年8月5日午前、所属するジャニーズ事務所がファクスで発表し、会見は同日午後に行われた。ジャニーズタレントによる離婚会見自体初めてのことだったが、山口さんは報道陣に「皆さんの質問には全て答える」と宣言。離婚会見とは思えぬ和やかなムードで進行した。

  • 8月5日午前、離婚届を提出したという(写真はイメージ)
    8月5日午前、離婚届を提出したという(写真はイメージ)
  • 8月5日午前、離婚届を提出したという(写真はイメージ)

「さっきも電話をもらった。未だに仲は良いです」

   山口さんは2008年、8年間の交際を経て元モデルの女性と結婚。同年5月には長男が、10年9月には次男が誕生した。しかし結婚から8年、夫婦は離婚の決断を下した。8月5日午前に離婚届を提出したという。

   山口さんは原因について「自分が仕事や趣味のサーフィン、お酒の付き合いなど自分のやりたいことを優先してしまった。彼女に家事一切を負担させ、甘えていた。大事な時にお父さんがいないというのは、私が思う以上に負担だったと思う」などと説明した。実際、山口さんが自宅に帰るのは「週に1~3日」だったという。

   離婚の話が出たのは約3年前。くだらないことで毎日のようにケンカする中で、妻が「別れたほうがいいのかな」とつぶやいた。その後、何度も話し合いを重ねるうちに心が固まっていったという。

   16年4月ごろには徒歩5分圏内で別居を始めた。距離を取ることにより「夫婦げんかはほとんどなくなった」そうだが、最終的には離婚という答えに至った。今後、2人の子供の親権は妻が持ち、山口さんは養育費等、子供に関わる全ての費用を受け持つ。

   ただ、妻との関係はあくまで円満なようだ。山口さんは「離婚が決まってからも、子供たちに『お父さんはヒーローなんだよ』って言い続けてくれた。さっきも電話をもらった。未だに仲は良いです」と明かした。

   離婚についても前向きに考えており、「離婚がネガティブにとらえられる傾向にあるが、私たちは関係にこだわっている。我々はこれが一番理想な形」とコメント。今後も5分圏内の家に住み、子供が自由に行き来できるようにするという。

   山口さんは会見中、自らについては「本当に未熟で自分本位で幼稚だった」などと振り返ることが何度もあったが、妻に対しては「求めることはない」とし、悪く言うような言葉は一度も出てこなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中