2021年 8月 1日 (日)

ろくでなし子氏、イベント直前中止に「納得いかない」 アムネスティ日本は何故キャンセルしたのか

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人権団体のアムネスティ・インターナショナル日本支部が、大胆な作品で知られる芸術家の「ろくでなし子」(44=本名・五十嵐恵)氏のトークイベントを開催直前に中止したことがインターネット上で物議を醸している。

   イベントは「表現の自由と人権をろくでなし子裁判から考える」と題し、2016年9月30日に同団体の事務局で開催される予定だった。アムネスティ日本の活動マネージャーはJ-CASTニュースの取材に対し、「ろくでなし子氏の主義主張に反対する意見が数多く寄せられたため」と中止を決めた理由を説明した。

  • 「ろくでなし子」こと五十嵐恵氏(14年7月撮影)
    「ろくでなし子」こと五十嵐恵氏(14年7月撮影)
  • 「ろくでなし子」こと五十嵐恵氏(14年7月撮影)

ろくでなし子氏が「公開質問状」

   ろくでなし子氏は、自身の体の一部の3Dプリンタ用データを支援者に配布したとして、わいせつ電磁的記録等送信頒布などの疑いで2014年に逮捕・勾留されている(16年9月現在も刑事裁判中)。今回のイベントは、芸術や思想と「ワイセツ」の境界をめぐり、「表現の自由」を訴えた、ろくでなし子氏の逮捕について、本人とともに議論を深めるという内容だった。

   だが、アムネスティ日本はイベント開催4日前の16年9月26日、ろくでなし子氏のトークイベントについて「諸事情により中止とさせていただきました」と公式サイト上で発表。イベントの紹介ページや公式ツイッターでの告知文をすべて削除した。

   突然の中止決定にネット上で「失礼な団体」「初めからオファーすんな」との波紋が広がるなか、当のろくでなし子氏も27日夕に「何の理由も聞かされないままでの中止に納得がいかない」とSNSで言及。続けて、

「アムネスティー日本支部は人権を考える団体だと思っていましたが、わたしは今、わたしの人権を踏み躙(にじ)られた気分です。先方からのオファーだったのに、メールだけでの一方的な中止のお知らせに、非常に憤りを感じています」

と団体の対応を痛烈に批判した。そのうえで、「アムネスティ日本からの電話を待っていますが、未だありません」とも明かした。

   さらにろくでなし子氏は同日夜、自身のウェブサイト上にアムネスティのロンドン本部へ向けた「公開質問状」を掲載。今回のアムネスティ日本支部の対応への批判を繰り返した上で、

「この様なやり方は、果たしてアムネスティ本部の意向なのでしょうか?それとも、日本支部独自の判断なのでしょうか?わたしには、このやり方は人権について考えるアムネスティの主旨と矛盾したものを感じてなりません」

などと訴えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中