ハロウィーン、東京都内は全面禁止に! 水道橋博士「提言」が歓迎される理由

印刷

   ここ数年、渋谷駅前など東京都内の道路が仮装した人であふれる「ハロウィーン」について、タレントの水道橋博士(54)が、テレビ番組で「東京都は全面禁止すべき」と主張し、出演者の多くから賛同の声があがった。

   おむつを替えるための部屋が仮装の着替えに占拠されたり、奇抜な仮装で周りの人が困惑したり、ごみが散らかったりする、というのがその理由だ。ハロウィーンの経済効果はバレンタインデーを上回るという試算もあるが、警備や清掃にも莫大な経費がかかっているとも指摘され、年々派手になる一方の街頭でのハロウィーン騒ぎに、周囲からは厳しい目が注がれるようになっている。

  • 2015年の渋谷のハロウィーンには仮装した人が押しかけた
    2015年の渋谷のハロウィーンには仮装した人が押しかけた
  • パレード後にはゴミも残された
    パレード後にはゴミも残された

「地方でやるのは全然問題ない」

   水道橋博士は、2016年10月13日放送の「バイキング」(フジテレビ)のコーナー「今日だけ言わせて!私の提言!!」で、

「東京都はハロウィーンを全面禁止すべき!」

と提言した。ハロウィーンはケルト人が起源の農業を祝う祭りだとして、水道橋博士は「なんで都会でやってんだ」と指摘。

「地方でやるのは全然問題ない。東京でやることに様々な問題を含んでいる」

と訴えた。この提言に、出演者6人中4人が「賛成」の札をあげた。

   「賛成」の札をあげたお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基さん(42)は

「全面禁止かは分からないが、ちょっと訳の分からん方に盛り上がりすぎている。いろんな騒動になったりとか...」

と話し、2015年のハロウィーンシーズンに体験した出来事を紹介した。後藤さんは子どものおむつを替えようとショッピングモールのおむつ交換用の部屋に入った際、仮装のために着替えをしていた女性が「キャーッ!」と悲鳴をあげたという。後藤さんは

「ここまで盛り上がるか、っていう感じもする」

と過熱ぶりに困惑していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中