2021年 3月 5日 (金)

「わさびテロ」寿司店に突撃謝罪要求 ネット中継した韓国人に本国でも批判

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   外国人観光客向けのすしに大量のわさびが入っていた、いわゆる「わさびテロ騒動」の余波が続いている。韓国人のテレビプロデューサーの一行が、問題となったすしチェーンの複数の店舗を突然訪問。店内の様子を無許可でネット生中継しながら、騒動について繰り返し謝罪を要求した。

   さすがにこういったやり方には、韓国国内でも「何の資格があって謝罪要求をしているのか」などと批判する声が上がっている。

  • シャリからネタをはがして「さび抜き」を確認するテレビプロデューサーの李永敦(イ・ヨンドン)氏。わさびはガリの下に隠れている(李氏のネット配信番組から)
    シャリからネタをはがして「さび抜き」を確認するテレビプロデューサーの李永敦(イ・ヨンドン)氏。わさびはガリの下に隠れている(李氏のネット配信番組から)
  • シャリからネタをはがして「さび抜き」を確認するテレビプロデューサーの李永敦(イ・ヨンドン)氏。わさびはガリの下に隠れている(李氏のネット配信番組から)

公共放送や民放勤務経験のあるテレビプロデューサーが突然...

   自らのネット番組で店舗からの生中継を強行したのは、テレビプロデューサーの李永敦(イ・ヨンドン)氏。公共放送のKBSや民放のSBSに勤務した経歴を持つ。李氏一行は2016年10月11日に、騒動が起こった「市場ずし」難波店を訪問。店の板前は、突然の撮影に

「他のお客さん映るから!嫌がる人もいるから」
「あのねえ、こういう取材なら身分を明かして頼んでやるべきであって、食事しにきたのか取材に来たのかいっしょくたになっている。不愉快ですよ」

などと抗議したが、李氏側は撮影を続行。出されたすしは、皿の上の「ガリ」の横にわさびが乗った状態だったが、李氏はシャリからネタをはがして「さび抜き」だということを確認すると、隣の日本人と思われる客に通訳を介して「自分はわさびは入っていないが、どう思うか」などと話しかけながら、板前に

「なぜ韓国人に対してわさび抜きで寿司を提供するのか」
「前のこと(「わさびテロ」騒動)に関して韓国人に謝るつもりはないのか」

と詰め寄った。板前は、

「うちの会社の方針やから」
「僕らは分かりません」

と応じるにとどめた。一行は出されたすしにほとんど手をつけないまま難波店を後にし、騒動とは関係ない「市場ずし」の別の店舗に移動。その店の板前も

「それ(騒動)は向こうの店。ここじゃないよ?」
「勝手に取材されても...。うちの事務所に了解とってもらわないと...」

と困惑しながらも、

「その一件があってからは、わさびを抜いて、後からつけてもらうようになっている」
「韓国の方は、ほとんどの方が『わさびをください』とおっしゃる」

などと「さび抜き」の理由を説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中