高梨沙羅、W杯46勝目 ジャンプ「歴代2位タイ」

印刷

   スキー女子ジャンプの高梨沙羅選手は2016年12月3日(現地時間)、ノルウェー・リレハンメルで行われていたノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子個人で、95.5メートルと98メートルを飛び、合計268.1点で優勝した。各メディアが伝えた。

   W杯通算46勝目となり、男女歴代2位タイとなった。歴代1位は、53勝のグレゴア・シュリーレンツァウアー選手(オーストリア、現在休養中)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中