2020年 4月 3日 (金)

大谷翔平に野村克也が謝罪 「二刀流無理」撤回の理由

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日本ハム・大谷翔平選手(22)の「二刀流」挑戦について、過去に「プロ野球をなめるな」などと強く否定していた野球評論家の野村克也さん(81)が、出演したテレビ番組で「(発言を)撤回させていただきます」と頭を下げた。

   2016年シーズンの大谷選手は投打にフル回転。投手としてはエース級の活躍、打者としても22本の本塁打を放つなど、まさに前代未聞の活躍でチームの日本一に貢献した。そんな大谷選手のプレーには、野村さんも舌を巻くばかりだった。

  • 「野村ノート」(講談社)
    「野村ノート」(講談社)

「俺が監督でもやらせたくなるわ」

   2016年12月11日放送のバラエティー番組『フルタチさん』は、「大谷選手の二刀流に反対していた評論家は今どう思っているのか?」というコーナーを放送。この企画に登場したのが、大谷選手の「二刀流」について厳しい言葉を送っていた野村さんだった。

   2013年のプロ入り時に「二刀流挑戦」を明言した大谷選手。これに「大反対」していたのが野村さんで、同年5月のトークイベントでは、

「二刀流?ふざけるな」
「一刀流だけでも大変なのに、プロ野球をなめるな」
「俺が日ハムの監督で使うなら間違いなくピッチャー」

と苦言を連発したことがスポーツ紙などに報じられている。

   そんな野村さんだったが、投打に躍動した今シーズンの大谷選手のプレーには驚いたようだ。今回の『フルタチさん』の放送では、

「常識的に、二刀流っていうのは無理だと思ってた。そんなプロって甘くない。だから最初は反対してたんだけど、やっぱり、俺が監督でも(二刀流を)やらせたくなるわ」

と絶賛。その上で、「メジャーに行かせちゃダメだよ、日本のプロ野球の宝じゃない」と話すなど、ベタ褒めの様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中