2019年 7月 17日 (水)

「CanCam」最新刊に虫マニア大興奮のナゼ 「人生で初買い」「かみさん同伴で購入」の狙い

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女性向けファッション誌「CanCam」(小学館)の最新刊が、なぜか虫マニア・昆虫愛好家にウケている。

   一般的に、同誌の世界観や内容と馴染まない層に見えるが、その理由は一体......。愛好家たちの熱い視線の先にあったのは、付録の自撮り用ライトだった。ツイッターでは今、ライトを使って昆虫を「かわいく」撮る動きが過熱している。

  • ネットユーザーはこれで「虫撮り」(写真は同誌の付録「自分史上最強自撮りライト」)
    ネットユーザーはこれで「虫撮り」(写真は同誌の付録「自分史上最強自撮りライト」)

「カメラ雑誌だとこの値段では作れない」

   注目を浴びているのは、16年12月23日(首都圏など)発売の同誌(17年2月号)だ。見どころは、SNSに投稿する写真の撮り方を指南する特集「かわいい写真が撮りたい」。

   スマートフォンカメラの使い方から画像加工の「イロハ」まで解説内容は多岐にわたる。そんな特集の特別付録が、ハート型の「自分史上最強自撮りライト」。スマートフォンを挟んで使えば、「セルフィーが史上最強にかわいく撮れる」という。

   サイズは、タテ・ヨコおよそ8センチとかなり大きめ。別売りの単4電池2本を挿入すると、真っ白な光が明るく灯る。

   同誌によると、このライトを使って自撮りをすると、綺麗なセルフィーに仕上がるのだとか。目の中にハート型の「アイキャッチ」を入れたり、暗がりで顔をくっきり写したりできるのだという。

   SNSに日々セルフィーを投稿する女性には「刺さり」そうなこのライト。しかし、真っ先に飛びついたのは、なんと昆虫愛好家だった。

   ツイッターには、ライトを使って撮影したクワガタムシやカブトムシ、蛾、バッタの写真が相次いで投稿されている。毛虫やバッタの複眼にハートのアイキャッチを入れてみたり、カブトムシのボディに光沢感を持たせたりと、遊び心あふれる写真も多い。皆、

「複眼がハートになってる」
    「カブトムシを盛る事もできる」
    「カメラ雑誌だとこの値段では作れない」

と大興奮の様子だ。さらに、

「人生初cancamを買った」
    「ひとりで買う勇気が無いので、かみさんについてきてもらった」

といった微笑ましいツイートもみられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中