2019年 9月 19日 (木)

「一発、秋元康を超えたい」 指原莉乃、声優アイドルプロデューサー業に「参入」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   HKT48・指原莉乃さん(24)が声優アイドルのプロデューサー業に乗り出すことになった。これまでは主にプロデュース「される側」だった指原さんだが、「理想のアイドルを育成したい」という思いを実現するとして、オーディションを開く。

   ライバルに挙げたのは、他でもないAKB48グループのプロデューサー・秋元康さん(58)だ。指原さんからは「プロデューサーとして同じ土俵に立つので」「ライバル関係」「一発、秋元康を超えたい」などと次々に強気な発言が飛び出した。

  • 指原莉乃さんが声優アイドルグループのプロデューサーとして始動する
    指原莉乃さんが声優アイドルグループのプロデューサーとして始動する
  • 「代々木アニメーション学院 Presents 指原莉乃プロデュース 声優アイドルオーディション」と銘打って開催
    「代々木アニメーション学院 Presents 指原莉乃プロデュース 声優アイドルオーディション」と銘打って開催
  • 2017年夏のデビューを目指す
    2017年夏のデビューを目指す
  • かねてから「理想のアイドルを育成したい」と考えていたという
    かねてから「理想のアイドルを育成したい」と考えていたという

「『やすしとさっしー』みたいなライバル関係に」

   指原さんは2017年1月28日、都内で記者会見を開き、これから自身がプロデュースしていく女性声優アイドルグループ初期メンバーのオーディション開催を発表した。声優やアニメーターのための学校・代々木アニメーション学院が全面協力し、指原さんがプロデューサーとして主導。17年夏のメジャーデビューを目指す。指原さんはこれまで、HKT48の「劇場支配人」として16年1月公開のドキュメンタリー映画の監督を務めたり、コンサートのセットリスト(曲順)を決めたりしていたが、さらにプロデュース業を本格化させた形だ。

   もともと「モーニング娘。」をはじめとして「アイドルオタク」として知られる指原さんだが、最近注目しているのが声優だ。「歌手として紅白歌合戦に出場したり大きな会場でライブしたり、ナレーションも務めたりと、活躍の場がどんどん広がっていてすごい」。また、かつて自身もアニメ映画で声優を経験した時、「つらくて泣いた」というほど難しい仕事だったと感じたという。こうした背景と、「理想のアイドル育成」の構想も相まって、女性声優アイドルプロデューサー業に「参入」することになった。

   最も身近なプロデューサーである秋元さんに対抗心を燃やしており、「一発、秋元康を超えたいなと」と強気な姿勢を見せた。さらに

「プロデューサーとして同じ土俵に立つので、これからはライバル。あっちゃん(前田敦子さん)と優子(大島優子さん)みたいな感じで、『やすしとさっしー』みたいなライバル関係ということで、よろしくお願いします」

と願望を語り、オーディションにあたっても、

「秋元康プロデュースのアイドルはみんなライバルなので、もし受けに来てもAKBメンバーは入れません」

と話し、AKB48グループや乃木坂46など「坂道シリーズ」のメンバーは「お断り」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中