2018年 7月 19日 (木)

J-CASTニュースランキング 1月は「紅白のグダグダ感」トップ

印刷

   J-CASTニュースが2017年1月中に配信した記事のアクセスランキングは、「今回の紅白『グダグダ感』の正体 鴻上尚史氏『人間の生理無視』」(1月1日)がトップだった。

   16年末で解散した人気グループSMAP関連の記事は、昨16年以前の関連記事も閲覧回数が多く、解散後もSMAPとそのメンバーへの関心が薄れていないことを裏付けた。

  • 1~4位
    1~4位
  • トップ5
    トップ5
  • 6~10位
    6~10位

「初詣ベビーカー自粛」多くのテレビでも報道

   「紅白グダグダ」の記事は、紅白歌合戦放送の翌日に配信され、多くの視聴者の実感をすくい取る形となった。同じ紅白関係では、「PERFECT HUMAN『歌詞が変わった』 紅白で再注目の『心遣い』」(1月1日)が10位にランクした。

   2位には「キムタクの『俺さま』エアホッケーに唖然 『これだからSMAPが解散するんだよ』」(1月11日)がランクイン。12月31日に解散したSMAPだが、やはり関心は高い。関連記事として、木村拓也さんや中居正広さんの過去記事にも注目が集まった。

   3位は「初詣『ベビーカー自粛』要請で大騒ぎ 『差別』批判へ寺側の意外な言い分」(1月5日)。多くのワイドショーなどでも取り上げられた。4位にランクしたのは「フジの古舘番組に6歳女児がショック 『なんで嘘を』『放送見て泣き崩れた』」(1月18日)だった。

   その後は、芸能人の不倫や恋愛関連が続き、5位に「マギーとベッキー、この差は何なのか 『不倫』批判にあまりの違い」(1月19日)、6位は「益若、Fukaseときゃりーに何が起きた? インスタ写真めぐり謎が謎呼ぶ」(1月6日)となった。

   以下、7位「ワンオクTakaに『天狗』批判 本人が『ファンに不快感』を釈明」(1月13日)。8位「豪邸すぎる47.5億円の東京物件 『スーモで売り出し中』の衝撃」(1月13日)、9位「『ドフラミンゴ系女子』大量発生の理由 『ワンピース』とは何の関係も無かった」の順位。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中