2018年 11月 15日 (木)

J-CASTニュースランキング 1月は「紅白のグダグダ感」トップ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   J-CASTニュースが2017年1月中に配信した記事のアクセスランキングは、「今回の紅白『グダグダ感』の正体 鴻上尚史氏『人間の生理無視』」(1月1日)がトップだった。

   16年末で解散した人気グループSMAP関連の記事は、昨16年以前の関連記事も閲覧回数が多く、解散後もSMAPとそのメンバーへの関心が薄れていないことを裏付けた。

  • 1~4位
    1~4位
  • トップ5
    トップ5
  • 6~10位
    6~10位

「初詣ベビーカー自粛」多くのテレビでも報道

   「紅白グダグダ」の記事は、紅白歌合戦放送の翌日に配信され、多くの視聴者の実感をすくい取る形となった。同じ紅白関係では、「PERFECT HUMAN『歌詞が変わった』 紅白で再注目の『心遣い』」(1月1日)が10位にランクした。

   2位には「キムタクの『俺さま』エアホッケーに唖然 『これだからSMAPが解散するんだよ』」(1月11日)がランクイン。12月31日に解散したSMAPだが、やはり関心は高い。関連記事として、木村拓也さんや中居正広さんの過去記事にも注目が集まった。

   3位は「初詣『ベビーカー自粛』要請で大騒ぎ 『差別』批判へ寺側の意外な言い分」(1月5日)。多くのワイドショーなどでも取り上げられた。4位にランクしたのは「フジの古舘番組に6歳女児がショック 『なんで嘘を』『放送見て泣き崩れた』」(1月18日)だった。

   その後は、芸能人の不倫や恋愛関連が続き、5位に「マギーとベッキー、この差は何なのか 『不倫』批判にあまりの違い」(1月19日)、6位は「益若、Fukaseときゃりーに何が起きた? インスタ写真めぐり謎が謎呼ぶ」(1月6日)となった。

   以下、7位「ワンオクTakaに『天狗』批判 本人が『ファンに不快感』を釈明」(1月13日)。8位「豪邸すぎる47.5億円の東京物件 『スーモで売り出し中』の衝撃」(1月13日)、9位「『ドフラミンゴ系女子』大量発生の理由 『ワンピース』とは何の関係も無かった」の順位。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中