2018年 8月 16日 (木)

千代田区長選、小池支援の現職が5選 都議会自民党はどうする

印刷

   小池百合子東京都知事と自民党都連の「代理戦争」となった千代田区長選挙が、2017年2月5日に投開票され、小池知事の支援を受けた、無所属・現職の石川雅己氏(75)が当選確実となった。NHKなど各メディアが一斉に報じた。

   「都民ファースト」をうたう小池知事の改革路線にとって、7月の都議選に向けて追い風となりそうだ。都議会自民党は、これまで「ドン」が君臨していた千代田区で擁立候補が敗れ、逆風が鮮明になった。

  • 石川雅己氏の選挙ポスター(2017年2月5日撮影)
    石川雅己氏の選挙ポスター(2017年2月5日撮影)
  • 与謝野信氏の選挙ポスター(2017年2月5日撮影)
    与謝野信氏の選挙ポスター(2017年2月5日撮影)
  • 五十嵐朝青氏の選挙ポスター(2017年2月5日撮影)
    五十嵐朝青氏の選挙ポスター(2017年2月5日撮影)

石川氏、1期目は自民支援で当選

   区長選の候補者は、石川氏に加えて、自民党の推薦を受けた無所属・新人の与謝野信氏(41)、無所属・新人の五十嵐朝青氏(41)の3氏。与謝野氏は元衆院議員の与謝野馨氏(78)のおいで、馨氏が地盤にしていた千代田区での出馬には「世襲」との声も出ていた。

   また千代田区は、「都議会自民党のドン」とよばれる、都連前幹事長の内田茂都議(77)のおひざ元。内田氏は16年7月の都知事選で、擁立した増田寛也氏が落選した責任を取り、幹事長を辞任している。そこにきての区長選敗北で、より苦境に立たされることになる。

   5選目を果たした石川氏は、都庁出身の元公務員だ。01年に自民党の支援を受けて初当選したが、後に自民党とたもとを分かち、13年の区長選では自公推薦候補を破っている。つまり前回に続き、千代田区民は自民に「NO」を突き付けた。

   小池都知事は都議選に向け、政治団体「都民ファーストの会」で大幅な議席確保を狙っている。石川氏の「前哨戦」での勝利によって、小池都政の行方も変わってくるだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中