2020年 10月 30日 (金)

「白猫に400万円つぎ込んだ」 スマホゲーム課金にはまる大人たち

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   大人気スマホ用ゲームアプリ「白猫プロジェクト」に400万円つぎ込んだとする人物が、ユーチューブにキャラクターの装備品や、課金してアイテムを得ることができる「ガチャ」を引くための「ジュエル」、キャラの成長などに使う「ルーン」全てを消去し、最後はアプリを削除する、といった動画をアップしネットで物議を醸している。

   スマホゲームでは、大人でもアイテムなど得ようと大金を使ってしまうケースも後を絶たず、400万円でも驚かないユーザーもいる。どうしてこんなことになるのか。

  • 「コロプラさんはこれからVR頑張ってください」(写真はユーチューブから)
    「コロプラさんはこれからVR頑張ってください」(写真はユーチューブから)
  • 「コロプラさんはこれからVR頑張ってください」(写真はユーチューブから)

「今は耐え忍ぶ時期なのでございましょうか」

   2017年2月19日にアップされた動画のタイトルは「さようなら白猫プロジェクト 400万課金垢消しました」というもの。同ゲームの音楽をバックにスマホの同ゲーム画面が映り、キャラの装備やカチャを引くためのアイテムなどが次々と消去されていく。最後はスマホ画面のアプリ一覧が出て、「『白猫』を削除しますか?」の表示の「削除」を選択しアプリは画面から消えた。

   どうしてこんなことをしたのか。この人物は「愛子」名義で17年1月23日からツイッターを始めていて、実に楽しそうに「白猫」について語り、ゲーム動画をユーチューブにアップしていた。

   このゲームアプリは14年7月にコロプラがリリースし、16年6月27日に1億ダウンロードを達成する大ヒットになっているが、「愛子」を名乗る人物はスタート当初からのユーザーだったようだ。動画をアップした日にツイッターで、

「短い期間ではございましたが皆様今まで本当に有難う御座いました。色々と言いたいことはあるのですがお口にチャックで御座います。 コロプラさんはこれからVR頑張ってくださいませ。 さようなら。 愛子」

と挨拶した。21日には「白猫」専用に使っていたiPad Pro 9.7をプレゼントする、という告知を出し、応募者は、「今の白猫プロジェクトがいかに魅力的か」「コロプラのVR関係がいかに魅力的で将来性があるか」を報告して欲しい、と書いた。このツイッターには、

「まじなんですね。思い直してくださいと言うべきかお疲れ様でしたと言うべきか」
    「つい最近あなたを知ったのに、悲しい。どうか幸せに」

といったリプライが付いている。

   「愛子」さんは、どうして「白猫」にさよならしたのか明言してはいないが、2月15日にはコロプラのVR(バーチャルリアリティー)ゲームの告知を載せていて、

「今は耐え忍ぶ時期なのでございましょうか」

とつぶやいている。

   コロプラは16年からVRゲームに注力すると発表し、ユーザーの間ではVRゲームに力を入れた結果「白猫」のサービスが低下している、などといった嘆きが出ていた。ネット上では、「愛子」さんの行動は、コロプラへの抗議ではないか、という見方も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中