任天堂、公道「マリオカート」に堪忍袋切れ ついに1社を損害賠償で訴え

印刷

   任天堂は2017年2月24日、「マリオ」や「ルイージ」などの人気キャラクターの衣装を貸し出し、「公道カートレンタル」事業などを行う株式会社マリカー(東京都品川区)に対し、著作権侵害などに当たるとして損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。

   「公道カート」は、東京都内を中心に全国で複数の企業がサービスを行っており、「リアル『マリオカート』が体験できる」「周囲からの注目が気持ちいい」「写真映えする」といった理由で、大学生や外国人観光客に人気のサービスだ。

  • サービス利用事例/マリカー社のHPより
    サービス利用事例/マリカー社のHPより

外国人観光客にも大人気

   このうち、マリカー社は、渋谷、秋葉原、富士河口湖、大阪、沖縄に6店舗を構え、普通免許で運転できる一人乗りの公道カートのレンタルや観光ツアーを手がける。

   同社のサービスの特徴は、100着以上用意してあるというゲームやアニメ、映画など人気キャラクターの衣装を着用し、まるでゲームの世界を再現したかのように街中を疾走できる点だ。その中でも、任天堂のゲーム「スーパーマリオ」に登場する「マリオ」と「ルイージ」のキャラクターの人気が高い。

   インスタグラムで「#マリオカート」と検索すると、37,859件ヒットし(24日夕時点)、10代から20代前半と思われる男女が、隊列を組んでカートを楽しむ姿が複数確認できる。「#mariocart」にいたっては、65,968件もヒット(同上)。外国人観光客が、東京タワーや渋谷のスクランブル交差点などの観光スポットを背景にカートに乗ってポーズを決める写真が数多く投稿されている。

   「公道カート」は、その目新しさからテレビや新聞などで「話題のサービス」として注目されていたが、一方で、その世界観が任天堂の人気ゲーム「マリオカート」そのもののため、権利をめぐり疑問視する声も少なくなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中