サッカー乾「スペイン国王訪日のため帰国」報道 ネットは「断れ」、外務省は「報道に困惑」

印刷

   サッカー・スペインリーグのエイバルで活躍するMF乾貴士(28)が、スペイン国王の訪日に合わせて帰国し、官邸主催のレセプションパーティーに出席すると、複数の現地メディアが報じた。一方、日本の外務省はJ-CASTニュースの取材に対し、乾の参加について「招待状は送っているが、正式決定ではない」と答えている。

   スペインリーグはシーズン真っ最中だ。もし本当に帰国する場合、一時的にチームを抜け、リーグ戦も数試合欠場することになる。ツイッター上では「断った方がいい」「軽く事件だわ」と参加に否定的な向きが多い。

  • スペインリーグで活躍する乾貴士(画像はエイバル公式サイトから)
    スペインリーグで活躍する乾貴士(画像はエイバル公式サイトから)

現地メディア「乾は前例のない理由でリーグ戦2試合を欠場する」

   外務省ウェブサイトの発表によると、スペイン国王フェリペ6世と同王妃は2017年4月4日~7日に国賓として来日し、滞在中は総理官邸主催のレセプションパーティーなどに出席する予定となっている。

   スペインメディア「ムンド・デポルティボ」は3月30日、「乾貴士は前例のない理由でリーグ戦2試合を欠場する。乾は、スペイン国王訪日に際して開かれる安倍晋三首相官邸主催のレセプションに参加するため、来週日本に行く必要がある」と報道。具体的には、日本時間4月6日のリーグ第30節ラス・パルマス戦、同9日の第31節セルタ・デ・ビーゴ戦を欠場すると伝えている。現地メディアでは他にも「アス」「マルカ」が同様の内容を3月30日付で報じた。

   乾は今季、第28節までに20試合(先発19試合)出場、2アシストを記録。チームの主力としてスタメンに定着しつつあり、ホセ・ルイス・メンディリバル監督からの評価も高い。15年8月に加入してからリーグ戦には全47試合に出場しており、スペインリーグでプレーした日本人選手として最多となっている。日本代表経験もあり、いつヴァヒド・ハリルホジッチ監督に招集されるかとの期待も高まっている。

「あり得ないニュース」

   そんな中での、リーグ戦欠場を伴っての帰国という現地報道に、日本のツイッターでは批判的な声が多くみられる。

「安倍首相の招待を断ったほうがいいんじゃないの? 2試合欠場はでかいよね」
「エイバル乾貴士が安倍首相の夕食会のために帰国してリーグ戦を欠場? あり得ないニュース」
「スペイン国王歓迎のためにスペインでの試合休んで帰国って、本当だとしたらスペイン国王喜ぶかこれ」
「ソフトパワー外交は重要かもしれないけど、欠場させるのはやり過ぎじゃねーか?」
「代表になかなか招集されない乾貴士が、安倍首相の夕食会に参加って。軽く事件だわ笑」

   J-CASTニュースが17年3月31日昼、日本の外務省に取材したところ、「乾貴士選手には、スペイン国王訪日に伴うレセプション参加の招待状はお送りしておりますが、参加はまだ正式決定ではなく調整中の段階です」と答えた。また、「ご参加の候補者は乾選手含め数十名おり、参加を断ることも可能となっています」とし、スペインメディアの報道については「困惑しています」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中