筒井康隆氏「なるほどこれはひどい」 慰安婦像めぐる自分の投稿に感想

印刷

   小説家の筒井康隆さんが2017年4月17日、公式サイト「笑犬楼大通り」内の日記「偽文士日碌」とツイッターで、韓国の慰安婦像に関して自分が書いた文章を念頭に置いたとみられる文章を投稿し、「なるほどこれはひどい」などと感想を綴った。

   一方、筒井さんは、「炎上したおれの文章だが、ツイッター社が不表示にしたらしい」とも投稿している。

  • 筒井康隆さんのツイッターが更新された
    筒井康隆さんのツイッターが更新された

「おれが自分で抹消したと思われるのは嫌だなと思い...」

   筒井さんは「炎上したおれの文章」について、具体的なことを書いていないが、韓国の慰安婦像に関する投稿とみられる。

   韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことへの対抗措置として、一時帰国していた日本の長嶺安政・駐韓大使が4月4日に再度韓国へ帰任したことに関して、筒井さんは同じ4日、「偽文士日碌」に「長嶺大使がまた韓国へ行く。慰安婦像を容認したことになってしまった。あの少女は可愛いから、(後略)」などとして、この後に性的な表現を使った文章を投稿。6日に同じ内容をツイッターにも投稿した。この投稿は韓国を始め、日本国内でも様々な議論を呼び、その後、ツイッターの投稿は削除されていた。

   筒井さんは更新した17日のツイートで、

「おれが自分で抹消したと思われるのは嫌だなと思いながら前の日碌を読み返したが、なるほどこれはひどい。こんなひどいことを書く作家の作品など読んではいけない」

という感想を綴った。

   この筒井さんの投稿にツイッター上では、

「そうでしたか。なぜかうれしいです」
「健在を嬉しく思っております」
「まことにそのとおり。世の中には読まない自由もあるのだから」

とさまざまな反響が寄せられている。

Twitter Japanの説明は

   筒井さんが「ツイッター社が不表示にしたらしい」と述べていることは事実なのか。Twitter Japan(東京都中央区)広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し4月18日、「個別の案件にはお答えできない」とした上で、一般論としての運用方針についてメールで回答した。

「サービスをご利用いただく時に各利用者の方に同意いただいく規約にもありますように、各ツイートはそれぞれの方の著作権物だと考えています。一方、Twitterの規約およびルール(公式サイトで公開)に反している場合は、該当ツイートの削除またはアカウントの凍結などを行うことがあります。もし、ご本人が削除していないのにツイートがなくなっているということであれば、Twitterのルール/規約に反することがあったためにTwitterがツイートを削除したということは考えられます」

   また、筒井さんが「削除」でなく「不表示」という表現を用いた件については、可能性として「ご本人のアカウントでは該当するご自分のツイートが見えていて、他の方々からは見えないという場合」があり得るとしている。

   Twitter Japan公式サイトでは「自分のツイートが他のユーザーに表示されないケースについて」というページが設けられており、原則として「個人の考え方や意見だけに基づく判断で、Twitterがユーザーのコンテンツをブロックしたり、制限したり、削除したりすることはありません」と説明している。例外的に「次の条件が満たされた場合には、ツイートが一部のユーザーに公開されなくなることがあります」とし、「攻撃的な行為が報告または検知された場合」など、公開範囲を限定する措置を取る際の基準を列挙している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中