「詐欺行為にも等しい沖縄特有の...」 自民・古屋選対委員長発言は「差別的」なのか

印刷

   安倍政権の閣僚から失言が相次ぐ中、与党幹部の発言が議論を呼んでいる。自民党の古屋圭司選挙対策委員長が、沖縄県で行われている市長選の対立候補の政策について、「沖縄特有のいつもの戦術」などと批判したところ、野党から「差別的な認識に基づいている」といった批判が出ている。

   ただ、これまでの「失言騒動」と違うのは、古屋氏が「客観的ファクトを申し上げた」と、批判に対して反論している点だ。

  • うるま市の選挙公報。与党系と野党系の一騎打ちになっている
    うるま市の選挙公報。与党系と野党系の一騎打ちになっている

与党系、野党系の「一騎打ち」

   問題視されているのは、古屋氏が沖縄県うるま市長選(4月16日告示、23日投開票)をめぐってフェイスブックに書き込んだ内容だ。市長選は、立候補届け出順に前県議の山内末子氏(59)=無所属・社民、共産、社大、自由、民進推薦=と現職の島袋俊夫氏(64)=無所属・自民、公明推薦=の一騎打ちになっている。翁長雄志知事は山内氏を支援しており、「オール沖縄」を演出したい考えだ。自民党も、選対委員長の古屋氏を現地に送り込むなど力を入れている。

   古屋氏は4月16日、島袋氏の出陣式の様子を報告する中で、

「相手は共産、社民が主導する候補。何でも反対、全く財源の裏付けのない無責任な公約や、空虚なキャッチで市民への詐欺行為にも等しい沖縄特有のいつもの戦術」

などと山内氏の政策を非難した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中