こじはるVS東スポの珍問答 卒業会見での「最終対決」一部始終

印刷

   2017年4月19日にAKB48を卒業した小嶋陽菜さん(29)は、卒業公演後の記者会見で、「怒濤の12年」などと自らのAKB生活を振り返った。実は、約20分間にわたって行われた会見で、最も報道陣から笑いが起こったのが「東スポいじり」のくだりだった。

   東京スポーツの記者の「珍質問」に、小嶋さんが冷ややかながらも当意即妙な反応をするというのが、小嶋さんの会見の「恒例行事」。「ラストバトル」になりそうな今回の会見でも、「小嶋さんにとって東スポとは?」「何だろう、暇つぶしに...」といった珍問答の応酬が展開された。

  • 小嶋陽菜さんは、東京スポーツ記者(写真右)の質問に終始笑顔でツッコミを入れていた
    小嶋陽菜さんは、東京スポーツ記者(写真右)の質問に終始笑顔でツッコミを入れていた
  • 会見場を後にする小嶋陽菜さん
    会見場を後にする小嶋陽菜さん

東スポとの関係は「終わったでしょ?終わったじゃん!」

   小嶋さんと東スポとの「関係」は周知の事実。4月19日夜の会見でも、東スポ以外の記者が、わざわざ

「今後と言えば、東スポさんとの関係は?」

と質問するほどで、小嶋さんは

「終わったでしょ?終わったじゃん!」

と冷たく反応した。それでも東スポ記者が

「もう1度確認なんですけど、本当に卒業するんですか?」

と念を押すと、小嶋さんは

「するよ!言ったじゃん、この間。こじまつり(編注:17年2月の卒業コンサート)の時、終わりましたよ、関係は」

と語気を強めた。さらに東スポ記者は、卒業公演で読み上げられたプロデューサーの秋元康氏の手紙の内容をまねて

「1回言いたくて...『陽菜、もう少しAKBにいたら?』」

と「卒業撤回」を要請したが、小嶋さんは

「いや、全然秋元さんと違うから。いい加減にして!(東スポが秋元氏を)いじんの、まだ早い!手紙、また読まなきゃ。東スポの手紙になっちゃう」

と一蹴、報道陣からは大きな笑いが起きた。小嶋さんの卒業後も

「小じゃれたファッションのイベントにでも呼んでください」

という東スポ記者のお願いにも、「来ないでください!」と「塩対応」だった。

小嶋さんにとって東スポとは...

   終盤、司会者が

「ラストの質問をどなたか...」

と質問を促すと、「じゃあ...」と質問しようとしたのが東スポ記者だった。小嶋さんが

「ラスト向きじゃないから!ラストじゃない」

と制する中で記者は

「小嶋さんにとって東スポって何でしょうか?」

と投げかけると、小嶋さんは

「なんでみんなの最後(の質問)なのに、そんな自己中な!」

とあきれた様子だったが、最後は

「東スポですか?何だろう、なんかネットをケータイで見て暇つぶしに...。ありがとうございます」

と答えていた。

   小嶋さんの絶妙な切り返しに、現場の記者は「頭の回転が速い」と感心しきりだった。4月20日(21日付)の東スポ紙面では、この様子を「本紙とのラストバトルで『非情』な締め」の大きな見出しで報じた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中