2018年 11月 21日 (水)

J-CASTニュースランキング 4月は「13歳の橋本マナミ」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   J-CASTニュースが2017年4月に配信した記事のアクセスランキングは、「橋本マナミ、13歳にしてこの色気! 美少女コンテスト時代の写真が反響」(4月20日)がトップだった。

   2位には「安藤美姫、小塚パパとの『ハート写真』がヒンシュク 『こういうKYなところが嫌われる』」(4月27日)がランクインした。

北朝鮮のミサイル発射にも関心

   1位、2位ともに、当事者が投稿したインスタグラムの写真が大いに関心を集めた。

   3位に入ったのは「佐々木希と入力すると... 『渡部』より先に『キヨ』、何者?」(4月10日)。この記事が公開されると、キヨさんがツイッターで反応する余波もあった。

   また、4月に入って緊迫した情勢が伝えられ続けた北朝鮮の弾道ミサイル発射や核実験の可能性に関連しては、「ミサイル接近なら、その時この音が鳴り響く 覚えておきたい『国民保護サイレン』」(4月13日)が4位にランクインした。記事にリンクした内閣ポータルサイトで異様なサイレン音を聞くことができたこともアクセス増につながった。

   5位には「浜崎あゆみMステライブにファン驚く 『痛々しくて...』『つらいが、尊敬する』」(4月3日)が入った。「石田ゆり子インスタに『たまらん!』 石畳に寝転がる写真、男心を鷲掴み」(4月21日)が6位につけ、年齢を感じさせない容姿の反響が大きかった。

   7位の「ヨドバシのピアノ売り場がライブ会場に 来店客2人が即興『戦メリ』の美しい旋律」(4月22日)では、ツイッターで撮影された動画で即興演奏を聴くことができた。

   以下、8位「浅田真央は『グダグダで辞めていった』 ハライチ岩井発言に『よく言った』」(4月20日)、9位「志村けん兄『本当にソックリ』 東村山市役所退職で語ったコト」(4月3日)、10位「くら寿司、ネット匿名批判に猛反発 『過剰反応』『毅然対応』見方さまざま」(4月17日)の順だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中