2019年 12月 8日 (日)

「フリーブックス、無料で便利だったのに...」 違法書籍サイト閉鎖悲しむ、若者たちのモラル

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

出版社を激怒させた「謎の海賊版サイト」

「大雑把な数字ですが、1万点ほどの作品が違法にアップロードされたとみています。他の出版社とも協力して、弁護士と対応を検討していたところでした」

   9日、J-CASTニュース編集部の取材に対し、講談社の担当者はこう説明する。

   フリーブックスなるサイトは、2016年末ごろからその存在が確認されていた。一応、ユーザーが自作のコンテンツを投稿できるサービス、という立てつけを取っていたものの、現在確認できるアーカイブには、そうした作品はほとんど見当たらず、ほとんどは出版社から公刊されている書籍ばかり。

   そのラインアップを見ると、漫画単行本はもちろん、「ジャンプ」「マガジン」などの週刊少年誌、さらには「男の隠れ家」のような大人向けの雑誌、新書、そしてアダルト作品まで、実に多種多様だ。サイトのデザインもなかなか洗練されており、一見すると出版社や書店などのものと遜色ない。そして、すべてが無料なのである。

   もちろん、出版社としてはたまったものではない。

「同サイトで行われていたことは、著者の権利を踏みにじり、正当に書籍・雑誌を購入した読者が損をする許しがたい行為です」(講談社広報室のコメントより)

   講談社や小学館など、大手出版社は連携を取りながら、刑事・民事での法的措置を視野に入れ、対応の準備をすでに進めていた。一方ネット上では5月1日、はてな匿名ダイアリーにその問題点を指摘する記事が公開され話題となり、その後サイトはつながりにくい状態に。そして3日、サイトは突如消滅した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中