ミラン退団を明言した本田 意味深ツイッターアカウントの意味は

印刷

   日本代表MF本田圭佑(30)が、所属するACミラン(イタリア)を契約満了に伴って退団する。新設した自身の公式ツイッターで2017年5月22日未明に明らかにした。

   ツイッターではミラニスタ(ACミランのサポーター)に向けて「すぐにまた会えるのを楽しみにしている」としたが、今後については意味深な発言もあり、間もなく31歳を迎える本田はどこへ行くのか。

  • 本田圭佑
    本田圭佑

「サッカー選手とは違う形になるかもしれない」

   本田は2013年12月にミランへ移籍し、エースナンバー10をつけて活躍していたが、今季は出場機会が激減。契約満了となる17年6月末が近づき、退団が濃厚とされていた。そんな中、本田はツイッターで「親愛なるミラニスタへ、ありがとう。この3年半、コンスタントに挑戦を続けてこられたし、俺を人間として成長させてくれた。感謝している」とした上で「僕は今季でミランを去る」と投稿。退団を明言した。さらに「僕は自分のゴールにたどり着くため、日々努力を続けていく。フォルツァ(がんばれ)ミラン、永遠に! 愛を込めて、ケイスケ」とつづった。

   本田はツイート直前の21日に行われた第37節ボローニャ戦、後半途中から4試合ぶりに出場すると、直接フリーキックで462日ぶりとなる今季初ゴールをあげた。チームは3対0で6試合ぶりに勝利し、来季ヨーロッパリーグ出場圏内の6位以内を確定させた。

   同じ右サイドのDFイグナツィオ・アバーテは試合後、「ケイスケに特別な賛辞を贈りたい。プロフェッショナル精神と真面目さを備える稀有な例だ」とツイッターに投稿。本田を労った。

   気になるのは本田の去就だ。移籍先が決まったとの報道はまだない。前出のツイッターではミラニスタに向けてこんな発言もしている。

「すぐにまた会えるのを楽しみにしている。その時はサッカー選手とは違う形になるかもしれない」

「@kskgroup2017」への推測

   まるで現役引退をほのめかす発言を受けて、インターネット掲示板2ちゃんねるでは「調子さえ整えばまだやれる」との声の一方「ビジネスマンとしてミラノに戻るのか」とも言われている。

   ビジネスに本格的に乗り出すのではないかと言われる根拠のひとつが、本田のツイッターアカウントの「@kskgroup2017」というユーザー名だ。本田が16年4月に立ち上げたビジネス用のブランド名も「KSK」であるため、ネット上ではあくまで憶測に過ぎないが「アカウントがKSKグループとかになってるしほんとにもう引退して実業家に転身するんじゃないの」との声もあがった。

   本田はすでに経営者として手腕を振るっている。15年6月には当時オーストリア3部のサッカークラブ、SVホルンの経営に参入し、15-16年シーズン後の2部昇格に関わった。

   16年7月4日に出演した「NEWS ZERO」(日本テレビ系)では、「クラブ経営にはかねてから興味があった」とした上で、手がけるタイミングは「遅かった」と話した。「サッカービジネスをやっているのは、自分がサッカーに育てられたという思いが強いから。今度は僕の番。僕がサッカー界に恩返しする」との意思も明かした。12年5月には「ソルティーロファミリアサッカースクール」を立ち上げて全国にスクールを拡大し続けており、これも「自分はサッカーがうまくなかった。だから才能ない選手(子ども)に『今諦めるな』と伝えたい。伝えないといけない使命がある」としており、その思いは強い。

   こうした教育的な活動が認められ、16年6月には米国の公共慈善団体「国連財団」の青少年担当の役職に選ばれた。就任会見では「僕はサッカー選手であり、起業家であり、そして教育者でもある」と明言していた。

   ただ、本田自身はかねてから18年ロシアワールドカップ(W杯)をめざす発言を繰り返しており、現在アジア最終予選も佳境を迎えている。まだまだ第一線には立ち続けるだろう。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中