橋本環奈、「驚く」のに1分もかかる 都議選PRでまさかの大苦戦

印刷

   女優の橋本環奈さん(18)が「驚き」の表情をつくるのに大苦戦した。

   さまざまな表情を自動で読み取って写真撮影するAI(人工知能)コンテンツの体験中のことだ。「笑顔」は3秒で認識されて撮影できたのに、「驚き」は1分もかかってしまい、橋本さんは苦笑いするしかなかった。

  • 「驚き」の表情づくりに苦戦する橋本環奈さん(2017年6月24日、以下同)
    「驚き」の表情づくりに苦戦する橋本環奈さん(2017年6月24日、以下同)
  • プリントアウトされた都議選ミニポスターを手に持つ橋本環奈さん
    プリントアウトされた都議選ミニポスターを手に持つ橋本環奈さん
  • 髪をなびかせる橋本環奈さん
    髪をなびかせる橋本環奈さん

「喜び」か「驚き」の表情が認識されると自動でシャッターがおりる

   橋本さんは2017年6月24日、東京都内で開かれた都議会議員選挙(6月23日告示、7月2日投開票)のPRイベントに参加。選挙での投票が可能となる18歳の誕生日を17年2月に迎えた橋本さんは、今回の都議選のイメージキャラクターを務めている。

   若者を中心に選挙を身近に感じてもらえるよう、イベントでは「笑顔でつくる、東京」をテーマに一風変わった体験型コンテンツを用意。その1つが「ミニポスタースタジオ」で、その場で撮影した写真が手のひらサイズのオリジナル都議選ポスターになってプリントアウトされる。撮影カメラにはさまざまな表情を読み取る高精度のAIが搭載されており、「喜び」か「驚き」の表情が認識されると自動で撮影される。逆に言えば、これらの表情がAIに認識されなければいつまでもシャッターは切られない。

   橋本さんが体験すると、まず「喜び」の表情は、「千年に一人」の美少女の本領を発揮したとびきりの笑顔を見せ、カメラの前に立って3秒で撮影に成功。あまりの速さに橋本さんから「うわっ」と声があがり、頬を緩ませた。

「あれ??驚いてるのになあ」

   ところが「驚き」は容易ではなかった。眉を吊り上げて目を丸くし、口を開けて精一杯驚いた顔を作るも、なかなか認識されない。両手を顔の前に広げて「ビックリ感」を増やそうと試みるも効果はない。「あれ??驚いてるのになあ」と苦笑いし首を傾げる。眉間にしわを寄せたり、歯ぐきを見せたりと試行錯誤し、撮影が成功したのはおよそ1分後だった。橋本さんは「楽しいですねえ。でも『驚き』は難しい」と言って笑いを誘った。

   都議選については、18歳になり「ニュースで時事問題を見る回数が増えたなあと思います」と話す橋本さん。「東京のまちをみんなでつくっていける。18歳になるまで選挙のことはあまり考えたことがなかったんですけど、投票できる年齢になりました。7月2日、みなさんも都議選の投票をしていただけたらなと思います」と呼びかけていた。

   今回の「ミニポスタースタジオ」などのコンテンツはサナギ新宿(東京都新宿区)で6月24、25日に体験できる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中