2019年 4月 25日 (木)

マック赤坂、立花孝志、後藤輝樹... 都議選「異色候補」そろい踏みで秋葉原騒然

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   東京都議選(2017年7月2日投開票)に、あの「都知事候補」たちが殴り込みだ。都民ファーストの会と自民党の対決ばかりが注目を集めている今回の都議選だが、2016年の都知事選に出馬した候補者たちが、4人も出馬している。

   6月27日、東京・秋葉原に、マック赤坂氏(68・無所属)をはじめとする3候補が集結した。

  • 演説を終えて、3人でポーズをとる立花孝志氏、マック赤坂氏、後藤輝樹氏
    演説を終えて、3人でポーズをとる立花孝志氏、マック赤坂氏、後藤輝樹氏
  • サイリウム片手に演説するマック氏
    サイリウム片手に演説するマック氏
  • 立花氏。NHKを「ぶっ壊す」と主張
    立花氏。NHKを「ぶっ壊す」と主張
  • 軍服ポスターでおなじみの後藤氏。マック氏からは、政見放送では自分を超えたと太鼓判をもらっていた
    軍服ポスターでおなじみの後藤氏。マック氏からは、政見放送では自分を超えたと太鼓判をもらっていた
  • 平日にもかかわらず、多くの聴衆が集まった
    平日にもかかわらず、多くの聴衆が集まった

マック氏、今度こそと本気モード

   「私はこのまま、棺桶に入るわけにはいきません。冥土の土産として、当選証書をいただけませんでしょうか」――ピンクのサイリウムを片手に、マック氏が叫ぶと、観衆からは「おおっ!」「いいぞー!」と歓声が沸いた。秋葉原駅前の「AKB48カフェ&ショップ」前、この日のマック氏はおなじみのコスプレ姿ではなく、黒いTシャツに、「メーク・アメリカ・グレート・アゲイン」のキャップをかぶり、選挙たすきを首に引っ掛けた出で立ちである。数々の選挙に出馬、派手なパフォーマンスで知られるマック氏だが、今回はかなり「本気度」が高い様子だ。

   路上でその姿を見守るのは、NHKへの激しい批判で知られる「NHKから国民を守る党」代表で元船橋市議の立花孝志氏(49)、そして都民ならぬ「国民ファーストの会」を名乗る後藤輝樹氏(34)だ。マック氏は世田谷区から、立花氏は葛飾区から、後藤氏は千代田区から、それぞれ都議選に出馬している。

   3人の共通点は、2016年の都知事選を戦ったことだ。歴代最多となる21人が立候補したこの選挙で、マック氏は約5万票(6位)、立花氏は約3万票(8位)を獲得、約7000票(13位)の後藤氏も、軍服姿の選挙ポスターと、放送禁止用語を連発する政見放送がネットを中心に話題を呼んだ。

   その異色候補たちが、今度は都議選を舞台に、再び都政に挑戦する。選挙カーの周囲には、テレビ局やスポーツ紙などの取材陣を含め、狭い通りに数十人が集まって、演説を見守った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中