2019年 1月 21日 (月)

「家族別々の夕飯」のママ向け料理本 ベターホーム協会が作り置き工夫レシピ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   全国17か所で料理教室を展開する一般財団法人ベターホーム協会は2017年9月7日、忙しい働くママ向けの料理テキスト『時間差ごはん読本』を販売すると発表した。

   これまで多くの料理本は家族がそろって食べることを前提にしているが、実際は家族がバラバラの時間に帰宅し、別々に食べることが多い。そのため、1つずつ食べられるよう、作り置きがきく調理方法の内容になっている。

  • 『時間差ごはん読本』(ベターホーム協会の発表資料より)
    『時間差ごはん読本』(ベターホーム協会の発表資料より)

作り置いても味が落ちない簡単調理を61品

   同協会の発表資料によると、協会が20~60代の既婚女性8658人を対象に行なったアンケート調査では、「家族そろって夕食をとる頻度」が週に1~2日以下と答えた人が約37%もおり、4割近くの人が週の大半を家族別々にとっていた。また、別々に食べる家族の夕食を約93%の人が手作りをしており、「作りおくので味が落ちる」「片付かない」という悩みを抱える人が多かった。

   そこで、材料や調理にひと工夫して、時間がたってもおいしさをキープする方法を考えたのが『時間差ごはん読本』だ。「電子レンジで温めるだけ」「冷蔵庫から出してそのまま食べられる」ものをメインに61品のレシピを紹介している。たとえば、「野菜たっぷり棒々鶏(バンバンジー)麺」では、一般的には麺類はゆでておくとのびてくっつくが、麺と一緒にモヤシをゆで、油をまぶしておくと時間がたってもくっつきにくい。

   1冊80ページ、オールカラーで650円(税込)、送料100円。問い合わせは同協会(03-3407-0471)。全国のベターホーム料理教室でも販売する。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中