岡崎体育、Mステで「口パク」カミングアウト 歌唱中に水を飲む!

印刷

   シンガーソングライターの岡崎体育さん(28)が音楽番組で見せた「口パク」パフォーマンスが反響を呼んでいる。

   岡崎さんの「音楽番組史の固定概念ブっ壊したい」という抱負通り、視聴者は大きな衝撃を受けたようだ。

  • 「Mステ」に出演した岡崎体育さん(画像はツイッターより)
    「Mステ」に出演した岡崎体育さん(画像はツイッターより)

パフォーマンス中に「水分補給」

   岡崎さんは2017年9月18日、音楽番組「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」(テレビ朝日系)に生出演し、「Explain」という楽曲を披露した。

   同曲は、「ここがAメロ」「ここからサビ」と曲の構成を説明したり、「このあたりからピアノが入ってきて」と音楽を解説したりするなど、タイトル通り曲を「説明」する斬新な歌詞が特徴。2番の「実は口パクだったことをみんなにカミングアウト」という歌詞の部分では、マイクを口元から外してペットボトルから水を飲んでみせた。実際に「口パク」のため、その間も岡崎さんの歌声は何事もなく流れ続けていた。

   パフォーマンス後、番組司会のタモリさんは「よくできた歌だよね、面白い」と感想を述べた。これには岡崎さんも

「タモリさんに面白いって言ってもらえた、、、めっちゃ嬉しい、、」
「恐縮の極みです。頂けた一言を励みに頑張ります」

と喜びをツイートしている。

   岡崎さんのファンにとってはお馴染みの曲とパフォーマンスだが、今回初めて見る人も多かったようで、その斬新さには驚きの声があがっている。出番前のトークでは、

「3度目の(Mステ)出演をすごく親は喜んでくれたんですけども、『Explain』っていう曲をやるって言った途端に顔面蒼白して、『またネットで叩かれる』ってすごい心配してました」

と明かしていた岡崎さんだが、ネットでは叩かれるどころか、「面白い」「最高」など好印象で受け入れられている。

「演奏終了後のスタジオの凍てつく雰囲気込みでお楽しみ下さい」

   一方でツイッター上には、

「口パクするアイドル(笑)、歌手(笑)、アーティスト(笑)に喧嘩を売った」
「音楽業界のやばいとこに笑いで切り込んでく感じすごいな」

といった感想も投稿されている。

   岡崎さんは2015年7月のツイートで、

「ExplainをMステで演って、2番のAメロで茶の間と音楽番組史の固定概念ブっ壊したい」

と抱負を述べており、今回それを実現した形だ。また、今年1月に同曲をテレビ初披露した際には、

「多分この曲をテレビでやるのは最初で最後」
「演奏終了後のスタジオの凍てつく雰囲気込みでお楽しみ下さい」
「責任は取らん!責任は取らんぞー!」

などとツイートしていたことから、同曲は確信犯的に口パクをネタにしていると考えられる。

   過去にはロックバンド「Dragon Ash」や「クロマニヨンズ」が、テレビ番組の口パクへの当てつけとも取れるパフォーマンスをしたことで話題となったことがある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中