「ハゲねたOK」と「LGBTだとNG」の狭間 保毛尾田騒動に乙武氏らが参戦

印刷

   「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年記念特番に、男性同性愛者を模した「保毛尾田保毛男」(ほもおだほもお)というキャラクターが登場した問題が、番組の放送から10日以上が経った今なお波紋を広げている。

   「LGBT」(性的少数者)の当事者をはじめ、作家の乙武洋匡氏やお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん、「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんら多くの著名人が、この問題について様々な持論を展開しているのだ。

  • 乙武洋匡氏(2016年撮影)
    乙武洋匡氏(2016年撮影)
  • 左上の写真で石橋さんが演じているのが「保毛尾田保毛男」(画像は番組の公式フェイスブックより)
    左上の写真で石橋さんが演じているのが「保毛尾田保毛男」(画像は番組の公式フェイスブックより)

LGBTの支援団体や個人が連名で抗議文

   騒動の発端となったのは、2017年9月28日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」(フジテレビ系)だった。石橋貴明さんが演じる番組初期の人気キャラクター・保毛尾田保毛男を、約28年ぶりに「復活」させたのだ。

   番組では、七三分けの髪型に青ヒゲを模したメークをした保毛尾田が、相方の木梨憲武さんから「あんたはホモでしょ?」と問われ、「ホモでなくて、あくまでも噂なの」と答えるやり取りも放送された。

   このキャラが「男性同性愛者を揶揄している」と問題視され、インターネット上には激しい批判が巻き起こった。さらに放送翌日の29日には、LGBTの支援団体や個人が連名で抗議文を発表。こうした動きを受けて、フジテレビの宮内正喜社長は同日の記者会見で騒動を謝罪していた。

   お笑い芸人が演じるコントのキャラが厳しく問題視された今回の騒動。一部のお笑い芸人からは、過熱する批判を疑問視する声も上がっている。

   「ナインティナイン」の岡村隆史さんは10月6日未明放送のラジオ番組「オールナイトニッポン」で、保毛尾田に批判が集まったことについて、

「このあと、もう数年でしょうね。キャラクターとか演じられるのも、あと数年くらいじゃないですか。おそらくこの先、もう女装もしたらアカン、カツラも被ったらアカン。そういう時代がくるんじゃないですか」

と皮肉気に一言。続けて、視聴者に対し「(番組の)どこを突いたろかな、とか思いながら皆テレビ観ているんだろうか」との不信感も口にしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中