メルカリ、出品時の個人情報登録を必須に 違法行為への対策強化

印刷

   フリマアプリを運営する「メルカリ」は2017年10月12日、違法・規約違反行為への対策強化として、初回の出品時に住所・氏名・生年月日の登録を必須にすると発表した。年内の導入を予定している。

   発表によると、登録された氏名と売上金の振込口座が一致しなければ、原則として売上金を引き出せないようにする。盗品などの不正出品を防止する狙い。警察や捜査機関との連携も強化し、悪質行為の排除に取り組む。併せて利用ガイドの改定し、禁止出品物や禁止行為の説明を分かりやすくした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中