サッカー内田篤人「けがの2年間」を語る

印刷

   2014年のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会に日本代表として出場後、右膝のけがと手術、リハビリと本格復帰まで2年を費やした内田篤人選手。

   「LINE NEWS」が2017年10月26日に公開したロングインタビューのなかで、2年間の思いを語った。

  • 内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)
    内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)
  • 内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)
    内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)

日本代表、そしてW杯についても

   内田選手のけがは「レア中のレアケース」だったという。膝蓋靭帯(しつがいじんたい)という部位が骨化し、その進行が続いて痛みがひどくなった。手術を決断し、半年で復帰するつもりが思うように進まないリハビリ。気持ちが焦る中、救いになったいくつもの出会いがあったという。

   インタビューの中では日本代表、そしてW杯についても触れている。

   この記事は、通信アプリ「LINE」で、「LINE NEWS」の公式アカウントを「友だち」として追加すると読むことができる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中