2018年 11月 18日 (日)

サッカー内田篤人「けがの2年間」を語る

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2014年のサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会に日本代表として出場後、右膝のけがと手術、リハビリと本格復帰まで2年を費やした内田篤人選手。

   「LINE NEWS」が2017年10月26日に公開したロングインタビューのなかで、2年間の思いを語った。

  • 内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)
    内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)
  • 内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)
    内田選手が大いに語った(LINEの発表資料より)

日本代表、そしてW杯についても

   内田選手のけがは「レア中のレアケース」だったという。膝蓋靭帯(しつがいじんたい)という部位が骨化し、その進行が続いて痛みがひどくなった。手術を決断し、半年で復帰するつもりが思うように進まないリハビリ。気持ちが焦る中、救いになったいくつもの出会いがあったという。

   インタビューの中では日本代表、そしてW杯についても触れている。

   この記事は、通信アプリ「LINE」で、「LINE NEWS」の公式アカウントを「友だち」として追加すると読むことができる。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中