J-CASTニュースランキング 10月は選挙よりも「DASH」と「あゆ」でした

印刷

   J-CASTニュースが2017年10月に配信した記事から、今回も「社会」と「エンタメ」系に分けて、読者の注目度が高かった記事を紹介したい。

   衆院総選挙(22日投開票)があったため、「政治」の話題が多かった10月だが、アクセスランキングでさらにその上を行ったのは――?

人気番組めぐる「トラブル」に大きな注目

   社会系の1位は、「「鉄腕DASH」スタッフが生ゴミ放置か 「告発ツイート」投稿者語る現場の実態」(10日)。今や国民的な人気番組となった「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)のロケで、スタッフが「後片付け」をしなかった、という地元からの告発を取材した。

   2位の「大阪のスーパーで鮮魚売り場に「大量のアイスモナカ」! 店に聞くと「発注ミス」は否定され......」(12日)は、あるスーパーでなぜか売り場に大量陳列された「チョコモナカジャンボ」の謎を追った記事だ。3位には、警察による「証拠品並べ」の裏側を取材した「押収品バット・ボールの陳列テクが「スゴすぎ」 なぜここまで?宇都宮東署幹部に聞いた」(13日)が入った。

   「政治」の話題では、4位「党首討論「モリ・カケ」で「場外戦」 朝日・毎日の追及を産経は「会場失笑」「仮定で反省要求」」(9日)、5位「悲痛・細野氏、無表情でうつむく 希望の党・樽床氏「我々は中小企業」」(22日)が。後者は、開票センターで記者が捉えた、細野豪志氏の悄然とした姿が反響を呼んだ。

芸能人では「あゆ」「ブルゾン」

   エンタメ系では、「浜崎あゆみの「カープ女子」姿に反響 「カープあゆ、女神」「また太った?」」(24日)がトップだ。毎月のように上位に食い込む、浜崎さんの「人気」はまだまだ健在か。

   以下、2位には今が旬のブルゾンちえみさんネタで、「ブルゾンちえみ、手つなぎ疑惑! お相手がブリリアン・コージで「まさか...」」(20日)。3位はプロ野球ドラフト会議をめぐる一幕を取り上げた「「これ、放送しちゃダメだったろ」 TBSドラフト特番、死にたかったと嘆く「指名漏れ」選手にスタジオ絶句」(27日)だ。

   以下、「平子理沙、46歳のミニスカ姿 ファンの反応は...」(19日)、「「何をいまさら」「売名が過ぎる」 宮迫の「お相手」、サンジャポ出演で「大炎上」」(9日)と続いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中