「海月姫」ドラマ化で、女装キャラは誰!?と話題沸騰 菅田将暉の「美女」超えなるか

印刷

   東村アキコさんの漫画『海月姫』(講談社)が、2018年1月からフジテレビの「月9」枠でドラマ化されることが発表された。NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」で主演を務めた女優の芳根京子さん(20)が主人公・月海を演じる。

   その他キャストはまだ発表されていないが、物語のキーパーソンとなる女装が趣味の美男子・蔵之介を誰が演じるかに大きな注目が集まっている。

  • 漫画『海月姫』1巻(講談社、2009年)(画像はAmazonより)
    漫画『海月姫』1巻(講談社、2009年)(画像はAmazonより)

2014年には能年玲奈主演で映画化

   同作は、男子禁制のアパート「天水館」に暮らすクラゲオタクの主人公・月海をめぐるラブコメディー。自らを「尼~ず」と称す筋金入りのオタク住民とともにオシャレや男性を必要としない人生を送ってきた月海だが、ある日、女装が趣味の美男子・蔵之介と大物政治家2世の童貞・修の兄弟と出会う。そんな折、天水館に売却の危機が迫り、尼~ずや兄弟と力を合わせて奮闘する――といったストーリーだ。

   芳根さんは同日ブログを投稿し、

「まさかまさかでまだびっくりが止まらないのですが、やらせていただく以上、毎週月曜が楽しみになってもらえるように、皆さんに笑顔になってもらえるように、精一杯最高な作品をお届けします!」

と意気込みを語っている。

   漫画『海月姫』は累計発行部数420万部超の人気コミックで、11月13日には最終巻となる17巻が発売される。2010年にはテレビアニメ化、2014年には能年玲奈(現:のん)さん主演で実写映画化された。興行収入としては目立った作品ではなかったものの、実写キャストの再現度が高いと好評を博した。

   今回のドラマ化では誰がどのキャラクターを演じるのか今から注目を集めているが、特に関心が高いのは女装美男子・蔵之介。若手イケメン俳優のキャスティングが予想されるが、貴重な女装姿を何パターンも見られる機会とあり、大きな関心が寄せられている。映画では菅田将暉さんが演じ、原作者の東村さんもその女装姿を絶賛していた。

高杉真宙、志尊淳、伊野尾慧...

   ツイッターでは女装姿を見たい俳優の名前が続々と挙げられており、盛り上がりを見せている。

   なかでも呼び声が高いのは、「ファブリーズ」のCMの長男役として知られる高杉真宙さん。はっきりとした目鼻立ちはたしかに女装映えしそうだ。実際、2015年発売の初写真集『高杉真宙 Photo Collection METAMORPHOSIS』(徳間書店)で金髪の女装姿を披露しており、「綺麗すぎる」と喝さいを浴びていた。

   愛らしい顔立ちの志尊淳さんを支持する声も多い。2017年5月放送のバラエティ番組「笑神様は突然に...」(日本テレビ系)で女装姿を披露し、「かわいすぎる」と反響を呼んだ。奇遇にも「海月姫」ドラマ化発表と同日に、18年1月スタートのドラマ「女子的生活」(NHK総合)でトランスジェンダー役を演じることが発表されたため、「海月姫」への出演可能性は低いかもしれない。

   ジャニーズ勢の人気も高く、「Hey! Say! JUMP」の伊野尾慧さんやジャニーズJr.の京本大我さんを推す声が強い。

   そのほかにも、千葉雄大さんや岡田将生さん、吉沢亮さんなど様々な意見があがっている。

   そうしたなか、今回の発表を機に改めて映画での菅田さんの美しさに惚れ惚れとする人も多い。ドラマでの再演を希望する声も多数散見される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中