2018年 11月 14日 (水)

20年ぶりアルゼンチンから里帰り 丸ノ内線「赤電車」、イベント列車で復活なるか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「赤い丸ノ内線」として親しまれた「500形」電車が日本での引退後に活躍していたアルゼンチンから里帰りを果たし、2017年11月27日、東京メトロの中野車両基地(東京都中野区)で報道陣にお披露目された。

   落書きを落として再塗装したり腐食部分を修復したりと、現時点での修復状況は「6割」程度。まだ自分で走ることはできないが、将来的には、車両基地内だけでなく、イベント列車として営業線でも動かせる程度に修復したい考えだ。

  • お披露目された500形。3両が修復され、行き先表示の「御茶の水」も登場当時の書体が再現された
    お披露目された500形。3両が修復され、行き先表示の「御茶の水」も登場当時の書体が再現された
  • 1958年の「初期仕様」に再現された車内。96年の引退時の車両と比べてドアの窓が大きく、網棚のスペースが少ない
    1958年の「初期仕様」に再現された車内。96年の引退時の車両と比べてドアの窓が大きく、網棚のスペースが少ない
  • 車両基地内に留置されていた部品取り用の車両。修復前はこんな状態だった
    車両基地内に留置されていた部品取り用の車両。修復前はこんな状態だった

「初期仕様」「引退時仕様」「アルゼンチン仕様」を再現

   500形は赤地に白帯、その白帯の中にステンレスのカーブを配したデザインで知られ、1957年から現行の「02形」が登場する95年にかけて40年近くにわたって活躍。日本で引退後は南米・アルゼンチンの首都、ブエノスアイレスの鉄道会社に譲渡されて20年以上にわたって地元の足として親しまれてきたが、アルゼンチンでも役目を終え、鉄道技術の発展に貢献した車両として日本に里帰りして保存されることになった。

   日本で廃車になった500形は95年からアルゼンチンのメトロビアス社に譲渡が始まり、今回里帰りした4両は96年にアルゼンチンに渡った。丸ノ内線は、電車の屋根のパンタグラフではなく、「3本目のレール」から電気を取る「第三軌条」と呼ばれる方式。ブエノスアイレスの地下鉄も丸ノ内線と近い環境だったため、あまり改造されずに活躍してきた。4両は2016年5月に現地を船で出発し、7月に日本に到着。補修作業が進められ、部品取り用の1両以外の3両がお披露目された。

   3両はそれぞれ、丸ノ内線に1958年に登場した「初期仕様」、96年にアルゼンチンに渡る直前の「引退時仕様」、「アルゼンチン仕様」を再現。「初期仕様」は「引退時仕様」に比べてドアの窓が大きく、網棚のスペースが少なくなっている。「アルゼンチン仕様」では、現地の広告や路線図が社内を彩る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中