2019年 10月 18日 (金)

能町みね子、貴乃花部屋の「右傾化」主張 親方のメールは「大日本帝国みたいな感じ」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   相撲愛好家として知られるコラムニストの能町みね子さんが、週刊誌のコラムやラジオ番組などで、日本相撲協会執行部との対立が表面化している貴乃花親方(45)の「思想」について繰り返し言及している。

   能町さんは2017年12月16日放送のラジオ番組「TOKYOナイツのちゃきちゃき大放送」(TBSラジオ)に出演。「貴乃花親方はちょっと危ない」と切り出し、貴乃花部屋の一部力士が右傾化しているなどと訴えた。

  • 貴乃花親方(画像は貴乃花部屋公式サイトから)
    貴乃花親方(画像は貴乃花部屋公式サイトから)

初場所休場は「貴ノ岩のためなのか」

   このラジオで能町さんはまず、元横綱日馬富士による暴行事件の被害者・貴ノ岩の休場が続いていることを疑問視。貴乃花親方が18年1月の初場所を全休させる意向だと報じられている点について、「復帰させる気がないのかって。それは貴ノ岩のためなのか」とコメントした。

   その上で能町さんは、週刊朝日(17年12月22日号)が報じた、貴乃花親方が11月末に支援者に送ったとされるメールについて、

「これがちょっととんでもないシロモノで。以前から私が危惧していたことが明らかに書いてあって」

と切り出した。

   週刊朝日が全文を掲載したメールの中で、貴乃花親方は相撲協会のことを「陛下のお言葉をこの胸に国体を担う団体」と表現。また、「角道、報道、日本を取り戻すことのみ私の大義であり大道であります」との一文もあった。

   こうしたメールの内容について能町さんは、「大日本帝国みたいな感じになっていて、軍隊とか、もう昭和の戦中のような文章」だと指摘。続けて、

「(貴乃花親方が)個人の考えとして思っている分には責めようがないですけど、弟子を預かる親方がこういうことを言っているとなると、弟子にも当然影響するわけですよね。実際、影響受けてるんですよハッキリ言って」

とも訴えた。一部の弟子が貴乃花部屋に入った後、ツイッターのプロフィール写真を「旭日旗」に変えたり、「かなり極右に近い人」の投稿をリツイート(拡散)するようになった、と明らかにしたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中