2018年 10月 24日 (水)

あなたの代わりに、あなたの名前で小説書きます ネット新ビジネスが話題

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   自分の特技を売ることができるサイト「ココナラ」。プロ、アマ問わず、美容やファッションのアドバイス、生活提案、占いなど様々な「商品」が並んでいる。最近では激安価格でイラストを請け負う主婦が話題になった。

   そして今、ネットで話題になっているのが小説やシナリオのゴーストライターだ。過去に自分が書いた作品と、新しい作品のアイディアを提示すれば、依頼者の作風に近付いた「新作」が執筆され、依頼者の名前でネット公開ができるのだという。

  • 任せてください(写真はイメージ)
    任せてください(写真はイメージ)

知名度をネットで上げ同人誌の販売を促進させる

   「シナリオ・小説のゴーストライト承ります」―――そんな看板を「ココナラ」に掲げた女性はSFL(えすえふえる)さんだ。以前に知人のゴーストライターをしたことがあり、その反響が大きかったため、需要がありそうだとサービスを開始することにしたのだという。このサービスのポイントは、依頼主の知名度を上げ、依頼主が発行する同人誌の売り上げアップにつなげることだ。知名度が低いのはネットに無料公開している小説の更新頻度が少ないことも原因と考え、更新頻度を上げるために執筆を依頼してほしいとSFLさんは呼び掛けている。そのためゴーストライターを請け負う条件として投稿サイト「pixiv(ピクシブ)」などの無料公開サイトに限る。著作権は譲渡される。ただし、ネット上での知名度を上げることが目的のため、無料・有料に関らず、印刷して配布することは禁じている。

   依頼主は過去の自分の作品と、「新作」のストーリー展開などを伝えSFLさんは作品のプロットを作る。依頼主がそのプロットに納得した後に執筆に入る。値段は5000文字以下の短編~中編小説で5000円。追加2500文字で2000円、5000文字で4000円というオプションが付いている。

   J-CASTニュースは17年12月21日にSFLさんに話を聞いてみた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...