渡辺麻友がAKB生活を自己採点 最終劇場公演で語った「アイドルとは何か」

印刷

   AKB48の「まゆゆ」こと渡辺麻友さん(23)が2017年12月26日、東京・秋葉原のAKB48劇場で最後の劇場公演に臨んだ。渡辺さんはAKBでの11年間、スキャンダルが全く発覚しない「王道アイドル」として知られてきた。

   公演後記者会見を開いた渡辺さんは、AKBメンバーとしての自らの点数を「150点」と採点。「本当にこの11年間やりきった」と完全燃焼した様子で、AKBを「私の人生と言っても過言ではない」とも述べた。「辛かったこと」には恒例の選抜総選挙を挙げ、「毎年、寿命が縮むような怖さを感じていた」などと振り返った。

  • 記者会見する渡辺麻友さん。おなじみの「いただきまゆゆ!」のキャッチフレーズで会見を締めくくった
    記者会見する渡辺麻友さん。おなじみの「いただきまゆゆ!」のキャッチフレーズで会見を締めくくった
  • 劇場の写真を取り外した渡辺麻友さん。メンバーが卒業する際の恒例行事だ(c)AKS
    劇場の写真を取り外した渡辺麻友さん。メンバーが卒業する際の恒例行事だ(c)AKS
  • 卒業公演では「11月のアンクレット」も披露された。渡辺麻友さんはステージにマイクを置いた (c)AKS
    卒業公演では「11月のアンクレット」も披露された。渡辺麻友さんはステージにマイクを置いた (c)AKS

恋愛禁止ルールを「すごく守っちゃうタイプ」

   渡辺さんはAKBの3期生として06年にデビュー。渡辺さんは11年間を振り返って、

「本当にこの11年間やりきったなという...。悔いはないですね」

と断言した。AKBグループでは「恋愛禁止」が建前だとされ、渡辺さんは一度もスキャンダルが表面化しなかったこともあって「王道アイドル」の評価が定着した。渡辺さんの自己評価は

「そういうルールをすごく守っちゃうタイプ。真面目になっちゃう性格なので、真面目に守り抜いた結果、そうなった」

というもので、その渡辺さんを応援したファンを「誇り」だと述べた。

「そういう私を応援、支持してくださった方も沢山いらっしゃるので、そういう方に支えていただけたことは誇りです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中