2019年 4月 21日 (日)

三日目黒星の白鵬、かち上げ封印では勝てないのは本当か

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「かち上げ」封印で注目されている横綱・白鵬(32)は2018年初場所の3日目に黒星がついた。

   場所前に横綱審議委員会から「張り差し」「かち上げ」を控えるよう言われていたため、今場所はここまでの3番でいずれも封印、不安定な相撲が続いていた。32歳の白鵬は衰えも指摘されており、インターネット上では「横綱相撲で勝てないのなら引退だろ」といった声が早くも出始めた。

  • 横綱・白鵬
    横綱・白鵬

「かち上げというより『肘打ち』のイメージが強いから非難される」

   初場所3日目の2018年1月16日、白鵬は立ち合いで右を差しにいったが、北勝富士は脇をしっかり締めて入れさせない。頭から真っ直ぐぶつかられ、はたきに行った白鵬だが、一歩引いた隙を北勝富士が見逃さず一気に押し出し、白鵬はあっけなく土俵を割った。過去2戦2勝の相手に金星を献上した。

   横審の北村正任委員長は17年12月の会見で、白鵬のかち上げ・張り差しといった立ち合いを批判する投書が相当数あったとダメ出しした。「横綱相撲とは言えない」「見たくない」といった意見が多かったという。その後、1月5日の稽古総見でも張り差しを見舞う1番があり、いっそう白鵬の取り口に厳しい視線が注がれることとなった。

   今場所初日の小結・阿武咲(21)戦。立ち合いで真っ直ぐ当たると、押し込んだのは阿武咲だった。まわしを取れなかった白鵬は、土俵際で阿武咲の出足をいなして突き落としたものの、薄氷の勝利だった。

   2日目の前頭筆頭・逸ノ城(24)相手には右の前三つから寄り切ったが、その直前、左上手から上手出し投げを図るも巨体の逸ノ城のバランスを崩せなかった。

   そうした苦戦続きのなかで迎えた3日目・北勝富士戦だった。

   17日付の日刊スポーツでは、高砂親方(62=元大関・朝潮)が「(張り手やかち上げを)封印されたことで、左上手を取りに行くか、先に右を差しに行くのか選択は限られてしまう。北勝富士戦は胸で当たってから左に動き、安易に上手を取りに行ったが、当たりの強い相手には通じない」と今の戦術の限界を指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中