2020年 2月 21日 (金)

ゴディバ「義理チョコやめよう」広告に込めた想いは? 会社に聞くと「熱い」答えが...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「日本は、義理チョコをやめよう」――。ベルギーの高級チョコレート「ゴディバ」を輸入販売するゴディバ ジャパン(東京都港区)のそんな広告が、ツイッターなどインターネット上で反響を呼んでいる。

   J-CASTニュースの取材に、同社のジェローム・シュシャン社長は「バレンタインデーの主役は、『もらうひと』ではなく、『あげるひと』ではないか」と答えた。

  • 話題の新聞広告
    話題の新聞広告

「社内の人間関係を調整する日ではない」

   ゴディバ ジャパンの広告を掲載したのは、2018年2月1日付の日本経済新聞朝刊(14面)だ。ゴディバ ジャパン社長のジェローム・シュシャン氏の署名入りで

「バレンタインデーは嫌いだ、という女性がいます。その日が休日だと、内心ホッとするという女性がいます。なぜなら、義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにもタイヘンだから、というのです」

などと切り出し、

「それはこの国の女性たちをずっと見てきた私たちゴディバも、肌で感じてきたこと。もちろん本命はあっていいけど、義理チョコはなくてもいい。いや、この時代、ないほうがいい。そう思うに至ったのです。そもそもバレンタインは、純粋に気持ちを伝える日。社内の人間関係を調整する日ではない」

と訴えた。そして

「だから男性のみなさんから、とりわけそれぞれの会社のトップから、彼女たちにまずひと言、言ってあげてください。『義理チョコ、ムリしないで』と。気持ちを伝える歓びを、もっと多くの人に楽しんでほしいから。そしてバレンタインデーを、もっと好きになってほしいから」

などとしている。

   職場での「義理チョコ」を控えないか――。文章全体を通じ読み取れるのは、そんなメッセージだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中