2021年 4月 18日 (日)

「艦これ」凍結招いた虚偽通告 「罪になるの?」弁護士に聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

「偽計業務妨害罪または威力業務妨害罪」にあたる可能性

   弁護士法人・法律事務所ヒロナカの弘中絵里弁護士は、2月23日のJ-CASTニュースの取材に

「誰を被害者と捉えるかによって異なる側面があると思われますが、偽計業務妨害罪または威力業務妨害罪にあたると考えられます。いずれも罰則としては、3年以下の懲役または50万円以下の罰金と定められています」

と説明する。

   今回のように、本来問題ないサイトがDMCAの申し立てをされ、消されることは「ここまで話題になったものはあまり聞いたことがない」という。

   ちなみにDMCAの申し立てをめぐっては、2017年8月のIT関連企業「ウォンテッドリー」の炎上騒動が記憶に新しい。あるユーザーのブログ記事を、DMCAに基づき著作権侵害のコンテンツとしてグーグルとツイッターに申請したが、ネット上で批判を浴びて謝罪。著作権保護の観点以外に削除の意図は「なかった」と釈明する事態となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中