2020年 8月 12日 (水)

ヤジ飛ばし首相秘書官は意外にも有能!? 「名スピーチライター」「優秀でざっくばらんな関西人」

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   公文書管理をめぐる衆院予算委員会の集中審議で佐伯(さいき)耕三・首相秘書官が野党議員にヤジを飛ばした問題で、西村康稔官房副長官は2018年4月12日、佐伯氏を厳重注意したことを明らかにした。

   ヤジを飛ばされた希望の党の玉木雄一郎代表は「国会をナメるなと言いたい。無茶苦茶」と怒り心頭だが、佐伯氏については「とても優秀でざっくばらんな関西人」といった別の評価も聞こえてくる。

  • 希望の党の玉井雄一郎代表(前列左から2番目)は「秘書官がヤジを飛ばすな!」と佐伯氏を指さした(写真は衆院インターネット中継から)
    希望の党の玉井雄一郎代表(前列左から2番目)は「秘書官がヤジを飛ばすな!」と佐伯氏を指さした(写真は衆院インターネット中継から)
  • 希望の党の玉井雄一郎代表(前列左から2番目)は「秘書官がヤジを飛ばすな!」と佐伯氏を指さした(写真は衆院インターネット中継から)

第1次安倍政権でも今井尚哉氏と一緒に働く

   玉木氏は2018年4月11日の集中審議で、玉木氏の発言中に佐伯氏が「違うよ!」などと発言したとして、「秘書官がヤジを飛ばすな!」と激高。その後もツイッターで

「安倍総理は総理席からよく野次を飛ばすが、秘書官も飼い主に似るということか。総理秘書官がヤジを飛ばすなど前代未聞の不祥事。国会をナメるなと言いたい。無茶苦茶」

などと怒りをぶちまけた。

   佐伯氏は灘中高から東大を経て1998年に経済産業省に入省。経産相出身の今井尚哉秘書官の16年後輩にあたり、2人は第1次安倍政権でも一緒に官邸で働いている。

   第2次安倍政権では内閣副参事官として安倍晋三首相のスピーチライターを務め、

「知る人ぞ知る黒子」(2016年6月21日、日経電子版)
「安倍の演説に各省の主張の継ぎはぎ色が薄く、良くも悪くも個性が出るのは、宰相の言動や心境をつぶさに観察する書き手のなせる技だ」(同)

   と評された。佐伯氏が秘書官に抜擢されたのは17年7月。当時佐伯氏は42歳で、事務担当の首相秘書官としては最年少だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中