羽生結弦「何回も死のうと...」告白の衝撃 尾木ママ「涙が」「そんなに悩んでるなんて」

印刷

尾木ママや小池一夫も衝撃つづる

   羽生選手の告白に、教育研究家の尾木ママさんは、16日のブログで、

「昨日の羽生結弦くんの武蔵野の森総合スポーツプラザでの最後のトーク
尾木ママ 激しいショック受け、、 涙がーー」

と、反応。続いて、

「そのことにそんなに悩んでるなんて気がつかなかった自分
自分が情けないですーー
何もせず、ただ怪我の一日も早い回復とオリンピックでの最高のパフォーマンスをだけを祈っていただけの尾木ママ
羽生結弦くんの連覇の意味とその命の重さに今、改めて身を正したくなりますーー」

とつづり、今後も「もっと丁寧に慎重に」応援すると決意を表明した。

   また、作家の小池一夫さんもツイッターに

「羽生結弦選手が『何度も死のうと思った、でも生きていてよかった』と答えていて驚いた。怪我などでつらいことでもあったのかなと思ったら、理由は週刊誌報道だという。あらぬことを書かれたらしいが、彼ほどの選手でも死のうと思うぐらいつらいんだね」

と投稿し、

「週刊誌って何書いてもいいってもんじゃないよね」

と、報道を批判した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中