2018年 11月 18日 (日)

福田次官セクハラ発言「歌ってみた」続出 「J-POPの歌詞っぽい」と話題に

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   福田淳一財務事務次官(58)は、もしかしたら「作詞センス」があるのかもしれない――。

   テレビ朝日の女性記者に対する「セクハラ疑惑」に関する報道で世間を騒がせている福田次官。各方面から非難の声が上がる中、ネット上ではこうした揶揄混じりの発言が相次いでいる。

  • 福田次官の「セクハラ疑惑」で世間を騒がせている財務省
    福田次官の「セクハラ疑惑」で世間を騒がせている財務省

「作詞の才能があったとは恐れ入った」

「綺麗だ 綺麗だ 綺麗だ 綺麗だ
目を見て言うよ 綺麗だ
好きになりそうだ 目を見て言うよ」

上記発言は、2018年4月12日に発売された「週刊新潮」(4月19日号)に掲載された、女性記者が福田次官から受けたとされる「セクハラ発言」の一部だ。事実だとすれば、言われた側の感情は推して知るべしだが、この部分について、4月18日ごろからツイッターやネットのまとめサイトなどで、「作詞の才能がある」といった声が上がっている。

「作詞の才能があったとは恐れ入った」
「純愛っぽい失恋ソング感がすごい」
「ここまでストレートに自分の気持ちを口に出せるの逆にすごいわ」
「素敵やん!」
「作詞家の才能ありますね」

中には、人気ロックバンド「RADWIMPS」や「BUMP OF CHICKEN」、女性アーティストの西野カナさん(29)の曲の歌詞に似ているという声もある。

「これもう半分RADWIMPSだろ」
「BUMPっぽさもある」
「西野カナの臭いも感じます」

ツイッター上には、「歌ってみた」といって上記発言を歌詞として、作曲・歌唱した短い動画をアップするユーザーも散見される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中