2019年 11月 20日 (水)

松岡昌宏は誰よりも怒り、誰よりも涙を流した にじんだ「兄ぃ」山口達也への思い

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「甘ったれた意見」「あなたは病気です」――。2018年5月2日に記者会見した「TOKIO」4人の中で、最も怒りを表したのは松岡昌宏さん(41)だった。

   女子高校生への強制わいせつ事件を起こして無期限謹慎処分となった山口達也メンバーを、松岡さんは次々に断罪した。だが、4人の中で最も涙を流していたのも松岡さんだった。

  • TOKIOの松岡昌宏さんらが記者会見した(2018年5月2日)
    TOKIOの松岡昌宏さんらが記者会見した(2018年5月2日)

「甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら...」

   山口メンバーは女子高生への強制わいせつ容疑で4月25日に書類送検の事実が発覚し、5月1日に起訴猶予処分が決まった。会見では、4月30日にTOKIO5人で会って2時間ほど話し、山口メンバーが土下座で謝罪したうえ、辞表を渡したことも明かされた。リーダーの城島茂さんが預かっているといい、「正直言葉が出なかった。その日は答えが出なかった」という。

   松岡さんは、被害者とその家族、ファンや仕事関係者に対して「申し訳なく、情けない気持ちでいっぱいです」と謝罪したうえで、山口メンバーに対しては怒りの言葉を投げかけた。

「(4月26日の)山口の会見で、『自分にまだ席があるならそこに帰りたい』という発言を目にした時、山口の、彼の甘ったれたあの意見は一体どこから生まれるのかと思いました。おそらくあの時の彼は、自分が崖っぷちではなく、崖の下に落ちていたことに気付いていなかったと思います。そういったいろんな甘えの根源は一体何だろうとずっと考えました」

   そのうえで、「TOKIO解散」の可能性にも言及した。

「『TOKIOに帰りたい。俺にはTOKIOがある。俺には帰る場所がある』。もしそういう気持ちが少しでも彼の中にあり、甘えの根源が僕らTOKIOだったとしたら、これはあくまで自分の意見ですが、そんなTOKIOは一日でも早くなくしたほうがいいと思います」

   土下座で謝罪した山口メンバーにも、甘やかすことはしなかった。

「最初に言ったのは『僕らじゃない』。当たり前のことですが、『被害者の方に』と、『TOKIOのことは二の次三の次に考えてくれ』と言いました。それと、『正直あなたは病気です。自分の置かれている立場と今後のことにちゃんと向き合ってくれ。決してお酒は悪くない、悪いのは自分だ。その甘さと考えを改めてもらえない限り俺たちは何もできない。話すのはきっとそれからだ』と言いました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中