2019年 7月 18日 (木)

張本勲、マリナーズに喝! 「イチローのユニホーム姿見たくない」真意は

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   野球評論家の張本勲さん(77)が、米大リーグ、シアトル・マリナーズに「喝!」だ。

   張本さんは2018年5月6日のTBS系の情報番組「サンデーモーニング」の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。イチロー選手の処遇について、「練習はさせるけど、ゲームは出さない? お預けしているみたいでひどいじゃないか」と激怒した。

  • 張本勲がイチローの処遇に激怒
    張本勲がイチローの処遇に激怒

練習はさせるけど、ゲームは出さない!?

   イチロー選手に対して、マリナーズは「生涯契約」としたうえで、「球団会長特別補佐」への就任という異例づくめの待遇を用意した。一方で、その「代償」として、50歳までの現役続行にこだわっていたイチロー選手は、今季の残り試合に出場できない。球団側の説明では、イチロー選手は今季をチームと帯同して、練習しながら「チームをサポートする」という。

   これに、米メディアの多くが「正式な引退ではない」と報じて球団を支持したものの、ニューヨークポスト紙のように「事実上の引退」と報じるメディアもないわけではなかった。

   異例といえば異例なのだろうが、日本のプロ野球ファンやイチローファンも、なにかスッキリしない、モヤモヤ感が漂っていたことは間違いない。

   そんな状況のなか、張本勲さんがマリナーズに噛みついた。イチローが会長付特別補佐に就任することについて、「何の役にも立たない。やるならGMの上の球団社長かあるいはオーナー代行だ」と、バッサリ。その背景には、マリナーズが19年3月20.21日に、日本の東京ドームで開幕する米大リーグのオークランド・アスレチックスとの2連戦が組まれていることがあると指摘した。

   「マリナーズは来年、日本で開幕戦を行う。そのときにピンチヒッターとして使おうとしている。客寄せパンダみたいに」と、イチロー選手の待遇を疑問視。そのうえで、イチロー選手が来春の開幕戦に出場する可能性に含みを残したことに、「歯の浮くような言い訳なんて聞きたくない。(イチローが)来るなら背広(姿)で来て、『私がつくったチームを見てください』と発言してもらいたい。(マリナーズは)イチローを離したくないから、へ理屈をつくっている」と、痛烈に批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中