2018年 11月 17日 (土)

「甘ったれるな若者!年寄りはモーレツに働いた」 高須院長、ツイート炎上も猛反論

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(73)が、お金がないと嘆く若者の新聞投書に対し、懸命に働いた自らの世代を引き合いに出して、「甘ったれるな」などとツイッターで叱咤した。

   これに対し、働いても賃金が上がらない現状があるのでは、などと異論が相次ぎ、高須氏が反論を続ける事態になっている。

  • 話題になった高須克弥氏のツイート
    話題になった高須克弥氏のツイート

「お金の若者離れ」を訴える大学生の投書に反応

   きっかけは、若者の車離れ、旅行離れなどと呼ばれることに対し、福岡県内の男子大学生(20)が2018年5月5日付の朝日新聞朝刊の声欄に意見を寄せたことだ。

   20代前半の平均年収は258万円と国税庁の調査結果で示されており、若者は、将来不安から稼いだお金を貯蓄に回し、使える分は手元にほとんどないのではと大学生は指摘した。高度成長期を謳歌した世代から「若者は夢や欲がない」と言われるが、若者に回るお金は少なく、「お金の若者離れ」とも呼ぶべき状況が続いていることをもっと知ってほしいと訴えている。

   この投書を紹介したツイートが、10万件以上も「いいね」を集めるほどの反響を呼び、ネット掲示板のまとめサイトにも、次々に取り上げられた。

   高須氏は、ツイッター上で5月7日、若者からお金を奪った年寄りは反省しろとのタイトルで投書を紹介したまとめサイトの1つを取り上げ、こう怒りをぶちまけた。

「甘ったれるな若者! 年寄りは君たちくらいの年齢のときはモーレツに働いたんだよ。働きながら君たちを育てたのだ。君たちの全ての原資は年寄りになった我々からのプレゼントだ。君たちに与えることはあっても奪ったことはない。ハングリーになれ。向上を目指せ。目覚めて働け若者」

「若者に目覚めてほしかった」とするが、反省も漏らす

   高須克弥氏は、稼いだお金でスキルを磨くなど自分への投資に使えば、「将来必ずリッチになれる」とも説いた。

   しかし、高須氏の発言には、高須氏が好きだという人からも、疑問や批判が相次ぎ、ツイッターは炎上状態になった。「一生懸命働いた上で現状がこれっていう話なのでは」「今は見返りも少なく、お金も一部の金持ちが手放さず、循環していない」「借金といびつな年金制度おしつけておいてこんなこと言われても困る」といった意見が出ている。

   これに対し、高須氏は、ツイートを連投して、こうした意見について反論を始めた。

   「甘えが許されるのは自力で立てない幼児と老人のみ。次世代を担う若者が甘えてどうする!」「国民は餓死寸前だったんだぞ。ここまで立ち直らせたのは我々。老人を敬え」「このままでは将来近隣諸国の狼に駆逐されます。僕は若者に目覚めてほしいのです」と訴えている。

   高須氏は、自らの著書になぞらえて「炎上上等」としていた。しかし、なかなか火の手の収まらぬ事態に、パートナーの漫画家・西原理恵子さんから注意を受けて反省しているとも明かした。

   もっとも、「卑屈になるんじゃなくて、誇りを持てって言ってるんですよね?」「高須先生は若い世代を激励してる」などと高須氏の発言に理解を示す声もあり、高須氏も、その1つ1つに感謝のツイートをしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中