2018年 10月 19日 (金)

J-CASTニュースランキング 5月はアメフトもTOKIOも「会見」流行り

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   J-CASTニュースでよく読まれた記事を通じて、5月を振り返る。

   2018年4月は、月末に飛び込んできたTOKIO・山口達也さんの書類送検にニュースも席巻された。5月も引き続きこれに関連する記事がよく読まれた一方、日本大学アメフト部の「悪質タックル問題」が、やはり読者の最大の関心事となった。

  • アメフトとTOKIO。それぞれの「会見」に日本が注目
    アメフトとTOKIO。それぞれの「会見」に日本が注目
  • 「社会」系のランキング。1~3位はアメフト
    「社会」系のランキング。1~3位はアメフト
  • 「エンタメ」系のランキング。座席倒すだけで炎上したクロちゃんが目を引く
    「エンタメ」系のランキング。座席倒すだけで炎上したクロちゃんが目を引く

パチンコ店「窓割る」ポスターも

   「社会」系の記事で1位となったのは、「アメフト関学会見が「有能すぎ」 小野Dの意外な過去」(17日)だ。

   5月6日発生した「悪質タックル」事件は、当初メディアの注目をほとんど集めなかった。しかしSNSなどでその動画が拡散、J-CASTニュースでも10日に最初のニュースを伝え、このあたりからテレビ・新聞なども積極的に取り上げるように。

   被害を受けた関西学院大学側の会見を取り上げた上記の記事では、関学アメフト部の小野宏ディレクターにスポットを当てた。その毅然かつ理路整然とした振る舞いは、その後の日大側の会見とは好対照で、公開後も長い期間読まれた。

   2位もやはり「アメフト「危険タックル」はチームの指示か 日大は否定も現役選手は「違和感」」(14日)。3位は内田正人前監督らの会見を、「プロ」の目線で徹底分析した「日大会見「危機管理のプロ」が徹底ダメ出し 「見たことがない」...あ然とした理由」(24日)だった。

   4位には「夏がくる!「車内放置の子供救う」ため窓ガラスを割ります マルハン張り紙が話題 法的問題は...」(11日)。パチンコ店に張り出された一枚のポスターを紹介したところ、大きな反響が。5位は新潟女児殺害事件をめぐる「「犯人はK」「まだ近くに...」 新潟事件、逮捕6日前にネットで「謎の縦読み」」(15日)だった。

TOKIO会見で注目を集めたのは

   「エンタメ」系では、4月に続いてTOKIOに絡んだ記事が上位。1位は「長瀬智也、会見でも「天然」発揮 事件1週間の思い聞かれ「空港に向かい...」」(2日)、2位は「松岡昌宏は誰よりも怒り、誰よりも涙を流した にじんだ「兄ぃ」山口達也への思い」(2日)で、いずれも5月2日行われた、山口さん以外のTOKIOメンバーによる会見の模様を報じた記事だ。

   3位は「衝撃!川口春奈の怪しすぎる私服姿 上下白黒ボーダーにファンも「やばダサい」」(13日)、4位は「クロちゃん、新幹線の座席を倒して炎上 「後ろの人に迷惑」批判噴出で本人反論」(7日)。5位は再び山口さん問題で、「山口達也が契約解除 翌朝、ZIP!枡アナの冒頭あいさつが「意味深」と評判」(7日)という結果となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中