2018年 9月 24日 (月)

物議ツイートの長友は談笑、本田は眉間にシワ 西野ジャパン、W杯直前合宿に出発

印刷

   ロシア・ワールドカップ(W杯)に挑むサッカー日本代表が、欧州での直前合宿のため、2018年6月2日、日本航空(JAL)のチャーター機で経由地のドイツ・ミュンヘンに向かった。

   成田空港で行われた出発セレモニーでは、主将の長谷部誠選手(34)は笑顔であいさつ。前日にツイッターへの投稿で物議を醸した長友佑都選手(31)も談笑するなど、多くの選手がリラックスしていたが、あの男の雰囲気は違った。

  • 出発セレモニー中、終始険しい表情だった本田圭佑選手
    出発セレモニー中、終始険しい表情だった本田圭佑選手
  • 黒のサングラス姿で現れた本田圭佑選手
    黒のサングラス姿で現れた本田圭佑選手
  • 会話する長友佑都選手(左)と槙野智章選手
    会話する長友佑都選手(左)と槙野智章選手
  • メッセージ入りのユニフォームを受け取り笑顔の主将・長谷部誠選手(左から2人目)
    メッセージ入りのユニフォームを受け取り笑顔の主将・長谷部誠選手(左から2人目)

「日本の皆様の素晴らしいサポートを胸に」

   セレモニーでは、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が「97年の日本サッカーの歴史、W杯に出て20年の経験・英知を結集しロシアW杯に臨みたい。選手・スタッフ一丸となり、日本らしいサッカーを見せたい」とあいさつ。西野朗監督は「たくさんのファン・サポーターの期待に応えられるように精一杯戦っていきたい」と宣言した。

   長谷部選手は「日本の皆様の素晴らしいサポートを胸に、ロシアの地で戦ってきたいと思います」と3日前のガーナ戦とは打って変わって笑顔で語った。5月30日のガーナ戦直後も、試合会場の日産スタジアムで壮行セレモニーが行われ、長谷部選手はあいさつしている。だが、試合はW杯へ大きな不安を残す0対2の敗戦だっただけに、表情は曇りがちだった。

   出発セレモニーではほか多くの選手もリラックスしており、当然といえば当然かもしれないが、ガーナ戦直後に見受けられた悲壮感は引きずっていないようだ。中でも長友選手が目を引いた。

   長友選手は出発前日の6月1日、「年齢で物事判断する人はサッカー知らない人」とツイッターに投稿して賛否を呼んだ。ロシアW杯のメンバー23人の平均年齢は、開幕時点(6月14日)で28.26歳と日本のW杯代表として過去最高。うち30代の選手は8人おり、長友選手もその1人だ。代わり映えしない顔ぶれの上、ここ最近は負け試合も多いため、インターネット上では「高齢化ジャパン」「ロートルジャパン」「年功序列ジャパン」などと揶揄されていた。長友選手はこれに反論した形となっていた。

槙野や香川らと談笑

   それから一夜、成田での長友選手はいたって明るかった。そばにいた槙野智章選手や香川真司選手などと談笑し、ちょっかいを出すような仕草も見られた。長友選手は飛行機に乗り込んでからも記念撮影を楽しんだようで、ツイッターに早速「隣はもちろんShinji Kagawa」と香川選手と笑顔の2ショットをアップ。その直前にも、機内で16人の選手が写る集合写真を投稿している。

   一方で一際緊張感を帯びていたのが、本田圭佑選手だ。セレモニー会場には選手最後尾から、黒のサングラスをかけて登場すると、口を真一文字に結び、眉間にはしわ。他の選手からは若干離れ、向かって右端に立ち、その表情が緩む場面は皆無に等しかった。上記の集合写真にも写っていない。

   日本代表はこの日、成田空港発ドイツ・ミュンヘン行きのJL8823便に搭乗。その後陸路で合宿地のオーストリア・インスブルックに向かう。トレーニングをしつつ、国際親善試合として8日にスイス戦、12日にパラグアイ戦を実施。運命のW杯本戦は19日にコロンビア戦、24日にセネガル戦、28日にポーランド戦を行う。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中