2018年 11月 19日 (月)

故・大杉漣さんのサッカー愛が「泣ける」 ロシアW杯直前に見つかった文書

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   66歳の若さで急死した俳優の大杉漣さんは、サッカーを愛し、地元チームをサポーターとして熱心に応援していたことでも知られる。

   そんな大杉さんのサッカー愛溢れる直筆の文章が見つかったと、長男で写真家の大杉隼平さんがツイッターで公開した。

  • 大杉漣さん(公式ブログから)
    大杉漣さん(公式ブログから)
  • 大杉漣さんのサッカー愛溢れる直筆が(一部加工)
    大杉漣さんのサッカー愛溢れる直筆が(一部加工)

「好きなものに理屈なし!」「ありがとう サッカー」

   「ぼくはサッカーが好きだ」。そんなシンプルな言葉で始まる文章は、色紙ののようなものにペンで書かれていた。

   大杉さんは、高校時代にサッカー部に所属し、サッカーJ2「徳島ヴォルティス」のサポーターをしながら、自らもサッカーを続けた。直筆文章では、「今も時間があればピッチに立っている」と明かし、「もちろん技術も体力も衰えている。しかし、サッカーへの愛は深まるばかりだ」と熱い思いをぶつけた。

「好きなものに理屈なし!ぼくにたくさんの思い出と友人を与えてくれたサッカー。共に歩んだ四十七年間にひと言。『ありがとう サッカー』」

   大杉さんは、文章をこう結んでいる。

長男の隼平さん「あなたの想いと写真はロシアへ」

   長男の隼平さんは、2018年6月14日のツイートで、この文章の写真をアップし、「とてもあの人らしい言葉だと思う」と感慨を述べた。

「サッカーを愛し、サッカーから元気をもらっていた。楽しみにしていたワールドカップ開幕。あなたの想いと写真はロシアへ。日本代表を全力で応援します!!共に」

   このツイートには、「いいね」が2万件ほども寄せられており、ファンらから感激の声が上がっている。

「サッカー愛がすごく伝わってきます」「文章見て泣けた」「私も一緒に応援します」「漣さん きっとロシアまで観に行ってますね」...

   その達筆ぶりに感心する声も出ており、「漣さんの声が聞こえてくるような字ですね」「お人柄が現れていると思います」などと書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中