2019年 1月 22日 (火)

シナモロール、ポムポムプリンと接戦! キティちゃん越えの意外な人気キャラは?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サンリオで最も人気のあるキャラクターをウェブサイトの投票などで選ぶ「サンリオキャラクター大賞」の結果が2018年7月1日に発表され、「シナモロール」(シナモン)が初の連覇を果たした。

   そんな中で大幅に順位を伸ばしたのが、ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんがモデルの「yoshikitty(ヨシキティ)」。全体ランキングでは17年の7位から3位にジャンプアップしたのに加えて、「海外・エリア別ランキング」では1位になった国も。YOSHIKIさんはインスタグラムで「みんなのおかげです。 アルバムでも出すか」と、18年中にも発売されるX JAPANのニューアルバムに向けて気合いを入れていた。

  • YOSHIKIさんは再来週にもyoshikittyと再会するという
    YOSHIKIさんは再来週にもyoshikittyと再会するという
  • 3位に入った「yoshikitty(ヨシキティ)」。「海外・エリア別ランキング」では4か国で1位に入った
    3位に入った「yoshikitty(ヨシキティ)」。「海外・エリア別ランキング」では4か国で1位に入った
  • 初のV2に輝いた「シナモロール」
    初のV2に輝いた「シナモロール」
  • 2年連続の2位だった「ポムポムプリン」
    2年連続の2位だった「ポムポムプリン」

中国、イタリア、ドイツ、フランスの4か国で1位に

   「キャラクター大賞」の開催は今回が33回目。5月10日から6月11日までの33日間にわたって、100のキャラクターに対して投票が行われ、7月1日に開票イベントが行われた。投票総数は484万60票で、そのうち52万224票を「シナモロール」が得票。15、16年と連続首位だった「ポムポムプリン」は首位奪還ならず50万188票で引き続き2位だった。3位が46万5907票の「yoshikitty」。4位の「ハローキティ」(32万7245票)を抑えてのベスト3入りだ。

   yoshikittyはエントリー中、唯一「実在の人物」がモデルになったキャラクターで、15年に初めてキャラクター大賞に出馬。順位は12位→7位→7位と推移し、17年の時点で2年連続でベスト10入りしていた。18年は全体ランキングの3位に加えて、11か国・地域で調べた「海外・エリア別ランキング」では、中国、イタリア、ドイツ、フランスの4か国で1位に。韓国とブラジルでは2位、英国では3位に入った。

   YOSHIKIさんは、7月1日、インスタグラムで

「4位のハローキティ―を破って3位になった」

などと英語で報告。日本語でも

「みんなのおかげです。 アルバムでも出すか」

と書き込んだ。

   X JAPANは18年春に22年ぶりのアルバムを出す予定で、YOSHIKIさんは

「現在、 LAでレコーディングの大詰めを迎えていて、 頑張っていますが、 そんな中嬉しい知らせです。 yoshikittyをエントリーしてくださったサンリオの皆さん、 そして応援をしてくれたファンの皆さん、 大変感謝しています。 再来週に日本に戻って来た時に、 yoshikittyに直接お礼を言いたいと思います。 (笑)」

と、喜びのコメントを出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中