2018年 11月 13日 (火)

一部サポーター、豪雨へ「黙祷」せず 天皇杯、横浜FC側がチャント続行 「本当に品がない」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   サッカーJ2・横浜FCのサポーターが、西日本豪雨の被災者への黙祷中にチャントと呼ばれる応援歌を歌い続ける事態が起きた。2018年7月11日に行われた対横浜F・マリノス戦の試合前でのことだ。

   この日、観客としてスタジアムを訪れていた元サッカー選手の丸山龍也さん(26)はJ-CASTニュースの取材に、1分ほどの黙祷の間、横浜FCのゴール裏からはずっとチャントが鳴り響いていたと説明。「本当に品がないと思います」と厳しく批判した。

  • 横浜FCのホーム「ニッパツ三ツ沢球技場」(写真はイメージです)
    横浜FCのホーム「ニッパツ三ツ沢球技場」(写真はイメージです)

「100人ほどのサポーターが歌っていた」

   ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市)で行われた天皇杯全日本選手権3回戦。今回の騒動は、同じホームをもつ両軍が激突する「横浜ダービー」と呼ばれる伝統の一戦で起きた。

   この試合前には、西日本を襲った豪雨の被災者への黙祷が捧げられた。サンケイスポーツは11日夜の電子版記事で、

「ニッパツ三ツ沢球技場では、横浜FCの三浦知良選手らが神妙な面持ちで黙とうし、場内は静寂に包まれた」

と伝えていたが、この報道は現地の状況とはかけ離れていた。

   黙祷の最中、ゴール裏に陣取った横浜FCサポーターの一部が、チャントを歌うことを止めなかったのだ。さらには、「If you love Fulie Stand up(フリエを愛しているなら立ち上がれ)」と書かれた横断幕まで掲げていた。フリエは横浜FCの愛称だ。

   実際、スタジアムに居た観客からは、「黙祷なのにチャント止めない。止められない?恥ずかしい」「黙祷って意味がわからないの?」などの報告が相次いでいた。黙祷が終わると、黙祷をしていたマリノスサポーターからは大ブーイングが起きたという。

   リトアニアリーグなど国内外のクラブで活躍した丸山さんも、現場を目撃した1人だ。12日の取材に対し、当時の状況について「(ゴール裏)中心グループ周りの100人ほどのサポーターが歌っていた」と振り返る。その上で、

「基本的にはずっと応援を続けていました。静まったあとも、中心グループ内から『やろうぜ!!』『いこうぜ!』的な、グループを盛り上げるような声も聞こえていました」

とも振り返っていた。ただ、ゴール裏の一部以外の横浜FCサポーターは、応援には参加せず黙祷をしていたという。

FCサポ「決して意図的ではない」...コミュ不足も?

   さらに丸山さんは、黙祷で会場が起立していた際に横浜FC側が横断幕を掲げたことについても憤りを露わに。「フリエを愛しているなら立ち上がれ」というメッセージから、横浜FCサポーターが意図的にそうした行為に出たのではないかとして、

「本当に品がないと思いますし、この問題は多くの人が取り上げていいと思います」

と批判。サポーターだけではなく、「横浜FCというクラブ全体の問題であるとも感じております」と糾弾した。

   ただ一方で、ゴール裏で黙祷中のチャントに参加した横浜FCサポーターの男性は、取材に「決して意図的なものではありませんでした」と訴える。

「ゴール裏では黙祷が行われる旨のアナウンスも聞こえていなかったですし、横断幕を掲げていたのでビジョンの案内にも気づきませんでした。本当に、わざと黙祷中に応援をしようといった意図はなかったんです」

   この男性によれば、サポーター集団の中心人物も、試合前に黙祷が行われることは運営側から伝えられていたという。だが、いつ黙祷があるかは知らされていなかったとして、「コミュニケーション不足で、このような事態となってしまいました」と訴えた。

   なおJ-CASTニュースでは12日午前、横浜FCクラブ側に対し、(1)今回の事態を把握しているか(2)クラブとして何か対応を取る予定はあるか――の2点を取材で質問したが、同日20時までに回答はなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中